【7月まとめ】『大人のお洒落コーデ集』真夏は爽やかコーデが好感度大!

【7月まとめ】『大人のお洒落コーデ集』真夏は爽やかコーデが好感度大!

  • Safari Online
  • 更新日:2022/08/14

お洒落の方法はいろいろあるけど、真夏の暑苦しい空気感の中では、爽やかであることが一番大事だろう。見た目に涼しげなら、それだけでお洒落は半分仕上がっているといっても過言じゃない!? とはいえ、もちろんここではお洒落なコーデを紹介!

大人のお洒落コーデをもっと見たい人はコチラ!

〈Cool looking Style 01〉
夏は爽快感抜群のブルーショーツコーデ!

No image

ショーツで自分も快適に、ブルーで爽やか印象に!

一歩外に出るだけでカラダが悲鳴を上げそうな日も増えてきた。こうなると、ダルさが邪魔をしてファッションにも気合が入らない!? そんなときは、もちろんショーツの出番。ご存知のとおり布面積が少ないから、涼しいのは言わずもがな。だけど、大人っぽさを出しにくいのが難点ですよね。そこで、今回は大人にも似合う、暑さに負けない爽快ショーツの着こなしを提案。まず肝心のショーツ選び。おすすめはなんといってもブルー! 爽やかさもあるし、ブルーデニムのような感覚で着られるのがメリット。デニムと同じと考えれば、コーデも難しくないはず。白Tや黒TなどいつものTシャツに合わせればオッケー。ただ、今回は暑さを吹き飛ばすというサブミッションもあるので、ブルーをベースにしたワントーンな着こなしに仕上げてみた。トップは淡ブルーの半袖シャツ。インナーは思い切ってタンクトップにして、ヘルシーな色気をチラリ。そこに合わせるキャップやスニーカーは、ショーツと同じようなあざやかブルーにして爽やかさを後押し。こんなふうにショーツを中心にブルーでグラデを作れば、ショーツの濃ブルーも際立つし、誰よりも爽やか男! ブルーの持つパワーを駆使すれば、ショーツであってもデートにだって余裕で使える。しかも涼しげで快適なんて最高じゃない? この夏、青ショーツのヘビロテ確定!

開襟シャツ2万9700円(ストックホルム サーフボード クラブ/エドストローム オフィス)、タンクトップ4400円(バンクス ジャーナル/ジャングルジャム)、手に持ったカーディガン3万3000円(イールプロダクツ/イールプロダクツ中目黒)、ショートパンツ3万1900円(ロンハーマン)、キャップ4950円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、サングラス3万9600円(モスコット/モスコット トウキョウ)、スニーカー7700円(ヴァンズ/ヴァンズ ジャパン)

〈Cool looking Style 02〉
爽やかさ満載の白を上手に着る方法!

No image

上下白でもキザにならない赤のアクセント使い!

白って、アクセント使いにはいいけど、全身だとなんだかキザになりそう……。な~んて思って、白を上下使いする人って少ないですよね。たしかに、爽やかなのにワントーンにしてしまうとコワモテに見えてしまうなんて危険性もあるのは否めない。でも、この爽快感を使わない手はない。ということで、今回は白コーデをお洒落に着こなす方法。といっても、上下白なんだし、見せ方としては簡単なのでご安心を。もちろん選んだのは白Tに白パンツ。このとき、パンツは、タックやセンタークリースが入っているかっちりしたものではなく、イージーパンツをチョイスして、リラックス感を出すのがキザにならないコツ。で、肝心なのが、この白上下に情熱的な“赤”を差しこむってこと。どんな色でも合わないことはないが、ブルーなどではフツ~すぎ。赤のようにはっきりした色合いで白にメリハリをつけるというのがポイントってワケ。今回は、羽織モノとして手持ちするニットやスニーカーのデザインで自然に赤を取り込んでみた。割合としては、このくらいがベター。赤が多すぎても、逆に派手な印象になってしまうからね。ちなみに、ここで選んだTシャツは、〈アミ パリス〉のもの。ということは? そう、胸元にブランドアイコンのハートが付いているのが特徴。赤ハートがリンクしてくれるから、なんともお洒落に!

Tシャツ1万5400円(アミ パリス/アミ パリス ジャパン)、イージーパンツ1万9800円(アーモンド/トライオン)、肩にかけたラミーニット4万4000円(ヘリル/にしのや)、サングラス5万3900円(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)、スニーカー1万7600円(ポニー/世界長ユニオン お客様相談室)

〈Cool looking Style 03〉こなれた大人に見せる秘訣は“プルオーバー”!

No image

きちんと感とゆったり感を備えた大人向けトップ!

夏は、カジュアルだったらTシャツ1枚。ちょっとかしこまった場面ならシャツ1枚。そう暑いということもあり、シーンで変化をつけることができるといったらこんな感じ? でも、これだとカジュアルすぎたり堅苦しすぎたりで、「この間はないものか……」な~んて思ったことあるでしょ? あります! それが、プルオーバーシャツ。これのいいところは、見ておわかりのとおり、襟付きの上品さと、ふわっとした被り物というリラックス感が両取りできてちょうどいいこなれた大人感が出せるということ。トップに上品さがあれば、ボトムはイージーパンツでもOK。むしろ、こなれ感が高まってお洒落度も増すってもの。大人らしさを加速させたい場合、こんな深みのあるグリーンを選べば、落ち着きもあってよし。涼し気に見えるリネンっていうのもポイントかも。それを生かすなら、ヘタに爽やかな小物を合わせるよりも、黒で引き締めたほうがかっこよく仕上がるから、これもコツのひとつ。真夏はスニーカーよりも、黒のサンダルで夏の軽快さを出すと、暑苦しいイメージにはならないから、1足街用のサンダルを購入しておくのも手。どう? カジュアルだけどしっかり大人らしいでしょ? しかも、余裕のある印象に仕上がるから、この夏はプルオーバーにも注目を!

プルオーバーシャツ2万7500円(コラム/エストネーション)、タンクトップ3850円(エンゲル/メイデン・カンパニー)、パンツ1万7600円(デウス エクス マキナ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)、レザーストラップ6600円、ミニウォレット3万7400円(以上ダニエル & ボブ/ダニエル & ボブ ジャパン)、サングラス3万9600円(モスコット/モスコット トウキョウ)、サンダル2万6400円(フランコボスキ/トゥモローランド)

〈Cool looking Style 04〉
脱・白×青の爽やか大人コーデ!

No image

渋色にしても素材で爽やかさキープ!

爽快な色を使うだけが夏コーデじゃない。たとえば、今回紹介するこのコーデは、トップは茶色だしデニムも温かみのあるアプリコットカラー。いわゆる、爽やかカラーではないのは見てのとおり。でも、なんだか涼しげな印象を受けませんか? それは、アイテムの持つ素材感のおかげ。そう、今回は色というよりも、素材感で夏っぽさを表現しようという話。で、早速その素材だが、トップはTシャツに見えるけど、コレ実はリネンニットTシャツ。ニットならではのリッチな風合いとリネンの爽やかさの両方が見せられるため、大人にはお誂え向きってわけ。その印象があれば、こういった渋めの濃茶でも重く見えるなんてことはないから安心して大人色を選べる。次にボトムだが、こちらのデニムは〈ヤヌーク〉の超ライトオンスデニム。簡単に言うと、デニムの生地が薄いってこと。これであれば、長丈デニムであっても快適にきられるうえに、見た目にも軽さは伝わるから、こちらもデニムながら爽やか。素材に気を使うってことは、見た目と着心地と両方で長所を発揮してくれるから、大人コーデにはかなり重要なポイントなのだ。ちなみに、サンダルをジュートサンダルにするなど、足元にまで夏の爽やかさの気を使えれば、もう完璧。こんなふうに茶系でまとめたとしても、涼しげに見える!

ニットTシャツ1万6500円、サンダル1万9800円(以上トゥモローランド)、デニムパンツ2万6400円(ヤヌーク/カイタックインターナショナル)、手に持ったシャツ2万2000円(エストネーション)、サングラス3万9600円(モスコット/モスコット トウキョウ)

INFORMATION

●アイヴァン 7285 トウキョウ
TEL:03-3409-7285

●アミ パリス ジャパン
TEL:03-3470-0505

●イールプロダクツ中目黒
TEL:03-6303-0284

●ヴァンズ ジャパン
TEL:03-3476-5624

●エストネーション
TEL:0120-503-971

●エドストローム オフィス
TEL:03-6427-5901

●カイタックインターナショナル
TEL:03-5772-3684

●ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム
TEL:03-3401-5001

●ジャングルジャム
TEL:03-6452-5282

●世界長ユニオン お客様相談室
TEL:0120-419-265

●ダニエル & ボブ ジャパン
TEL:03-6809-1051

●トゥモローランド
TEL:0120-983-522

●トライオン
TEL:03-5820-7785

●にしのや
TEL:03-6434-0983

●メイデン・カンパニー
TEL:03-5410-9777

●モスコット トウキョウ
TEL:03-6434-1070

●ロンハーマン
TEL:0120-008-752

写真=正重智生 スタイリング=田川 匠、柳川武史
photo : Tomoo Syoju (BOIL) styling : Takumi Tagawa , Takeshi Yanagawa(remix)
※価格は例外を除きすべて税込み価格です

Safari Online 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加