「目の前で優勝を見たくなかった」大分・野村直輝、決勝弾で本拠での川崎優勝を阻止!緊張のPKシーンでは...

「目の前で優勝を見たくなかった」大分・野村直輝、決勝弾で本拠での川崎優勝を阻止!緊張のPKシーンでは...

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/11/21
No image

決勝PKを放った野村。勝利への想いを語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

ホームでの川崎優勝を阻止した立役者が想いを打ち明けた。

J1リーグは11月21日、各地で28節の6試合を開催。昭和電工ドーム大分では、大分トリニータ対川崎フロンターレの一戦が行なわれ、大分が1対0で勝利を収めた。

勝てばJ1史上最速での優勝が決まる川崎は中2日でのゲーム。対して大分は約3週間の準備期間を経てのゲームとなった。試合は34分に大分が先制。町田也真人のフィードに抜け出した野村直輝が谷口彰悟に倒されPKを獲得。谷口は退場処分となり、直後のPKを野村が冷静に左隅に蹴り込んだ。試合はその後も大分がリードを保ち、1対0で勝利。本拠での優勝を阻止する形となった。

試合後、決勝点となるPKを決めた野村は、「PKは今週も練習していたし、チームに貢献できていなかったので、決めたかった。練習していたので、自信を持って蹴りました」とゴールシーンを振り返り、改めて緊張のPKシーンについて問われると、「呼吸していました」と、努めて冷静さを保とうとしていたようだ。

また、この日敗れれば川崎にホームでの優勝を許す形となっていただけに、「目の前で優勝を見たくなかったので、どうしても勝ちたかった」と、勝利への強い想いを打ち明けた。

野村の決勝点で連勝を飾った大分は次節、再びホームでセレッソ大阪と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】川崎F谷口彰悟がPA内で大分MF野村直輝の決定機を阻止して一発退場

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加