最短15分で完成!本格的な水出しコーヒーが簡単にでき上がるサンコーの「超高速水出し珈琲ボトル2」

最短15分で完成!本格的な水出しコーヒーが簡単にでき上がるサンコーの「超高速水出し珈琲ボトル2」

  • @DIME
  • 更新日:2022/06/23
No image

カフェを思わせる本格的な水出しコーヒーが味わえる

お湯から湧出したコーヒーと比べ、常温の水を使うことですっきりとした味わいが楽しめると言われる水出しコーヒーだが、家で作るには9〜12時間と、ほぼ半日という長い時間が必要だった。

そこでサンコーでは、本格的な水出しコーヒーが手軽にできる「超高速水出し珈琲ボトル2」を同社公式オンラインストア、直営店、取扱店、 EC サイトなどで発売を開始したので、概要をお伝えしよう。

コーヒーの苦味や雑味を抑えた水出しコーヒーの作り方

本製品は圧力をかけることにより、水出しコーヒーを短時間で抽出することができる水出しコーヒーメーカーだ。

サイズは幅102 ×高さ277×奥行162mmとコンパクト。さらにUSB 充電式なので場所を選ばず自由に使える。

No image

使い方は本体のコーヒーカップ部に好みのコーヒー粉を入れ、本体のガラスボトルに水を入れて好みのボタンを押せば、自動的にコーヒーの抽出がスタート。

No image

本体天板部の操作パネルはタッチパネル式を採用。電源を入れて、ワンタッチで15分/ 30分/45 分の時間設定ができるモードを搭載している。時間設定後は残りの抽出時間が操作部 LEDパネルに表示される。

準備が完了すると、自動で本体内部の気圧を調整することでボトル内の水が上下し、最短15分で水出しコーヒーを抽出。抽出が完了したら自動で電源がオフになる。

最後に注ぎ口付でガラスボトルからカップに注げば水出しコーヒーの完成だ。

No image

一度に飲みきれなくても、冷蔵庫に入れやすいスリムな形状を採用しているのでそのまま冷蔵庫に入れて冷やすこともできる。手入れは開口部が大きいく、手を入れて洗えるのでいつでも清潔に保てる。

No image

「超高速水出し珈琲ボトル2」の主な仕様

No image

サイズ:幅102× 高さ277× 奥行き162mm
重量:約1050g
サーバー素材:強化ガラス(耐熱:120℃、耐冷:-10℃)
消費電力:3W
バッテリー:リチウムイオン 3.7V 2000mAh
入力:5V/1A 以上推奨
稼働時間:2.5時間 (満充電)
モード:15 分/30 分/45 分/ 排出モード
容量:3 杯分 (800ml)
ケーブル長:約770mm
内容品:本体、ガラスサーバー、マグネットUSB ケーブル、蓋、日本語取扱説明書

関連情報:https://www.thanko.jp/view/item/000000003998

構成/Ara

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加