金沢で-5.1度 大雪に注意・警戒続く 26日朝まで平地で最大35センチ予想

金沢で-5.1度 大雪に注意・警戒続く 26日朝まで平地で最大35センチ予想

  • MRO北陸放送
  • 更新日:2023/01/25

強い冬型の気圧配置の影響で、石川県は25日夕方にかけて大雪となる所があるでしょう。大雪警報は注意報に切り替えられましたが、交通障害に注意・警戒してください。

【写真を見る】金沢で-5.1度 大雪に注意・警戒続く 26日朝まで平地で最大35センチ予想

25日午前7時時点の積雪は白山河内で25センチ、加賀中津原で21センチ、珠洲で11センチ、金沢と七尾で8センチなどとなっています。

またこの冬一番の寒気が流れ込んだ影響で各地で冷え込みが強まり、午前7時までの最低気温は輪島市三井で-8.1度、七尾で-6.5度、金沢で-5.1度を観測しました。

26日午前6時までの24時間に降る雪の量は、いずれも多い所で、加賀の平地で35センチ、山地で60センチ、能登の平地で30センチ、山地で40センチと予想されています。予想よりも雪の降り方が強まった場合は、警報級の大雪となるおそれもあります。25日昼前にかけて大雪による交通障害に注意・警戒してください。また路面や水道管の凍結、雪を伴った強風、なだれにも注意してください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加