ブライアン・ラウドルップ氏ががん克服を報告。10年前に診断受け治療

ブライアン・ラウドルップ氏ががん克服を報告。10年前に診断受け治療

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/09/15
No image

【写真:Getty Images】

デンマーク代表のレジェンドであるブライアン・ラウドルップ氏は、血液のがんである悪性リンパ腫の一種「濾胞性リンパ腫」の寛解が確認されたことを発表した。

ラウドルップ氏は14日に自身のインスタグラム公式アカウントでメッセージを投稿。「今日、10年間の治療と検査を経て、ついに濾胞性リンパ腫の病気が完全に大丈夫だと確認された」と述べ、医療関係者への感謝の思いを綴っている。

現在51歳のラウドルップ氏は、2000年に現役を引退したあとデンマークのテレビで解説の仕事などを務めている。2010年にがんと診断されたことを明らかにしていた。

同氏は日本でもプレーしたミカエル・ラウドルップ氏の弟であり、兄弟揃ってデンマーク代表の中心選手として活躍。ブライアン氏はバイエルン・ミュンヘンやフィオレンティーナ、ミラン、レンジャーズ、チェルシー、アヤックスなどのクラブでプレーした。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加