「寒かったら上着くらい着ろよ!」男性社員に怒鳴られてショック! 33歳“冷え性”女性「病気になりそう」なほど深刻な悩みとは

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2021/02/23

突然ですが、オフィスの設定温度に皆さんは満足しているでしょうか?  快適に感じる温度は人それぞれ違いますが、冷え性の女性にとって、寒い職場はかなりのストレスですよね。特に、足先や手先などの末端冷え性で悩んでいる人は、寒い部屋で1日過ごすと、場合によっては体調不良につながってしまうことも……。

そこで今回は、あんしん漢方(オンラインAI漢方)医師の木村眞樹子先生に、「つらい冷え性の改善方法」について教えてもらいました。

1.こんなに寒いのって私だけ!? 男性社員に怒鳴られてショック!

これからご紹介するのは、暖房の効いた部屋でも足元はいつも極寒……極度の末端冷え性でつらい思いをしている愛さん(仮名)33歳のエピソードです。

20代の頃から冷え性で悩んでいた愛さん。暖房が効いたオフィスで仕事をしていても、足元は感覚がなくなるくらい冷えてしまい、常に寒さを感じていたそう。オフィスの暖房の温度を上げたいけれど、一緒に働いている男性陣は寒いと感じていないようで、設定温度を上げると「暑い!」と一蹴されてしまいます。 こっそり設定温度を上げても、いつも30分後には下げられてしまう始末。

無言の“温度設定バトル”が続いているうちに、ついに男性社員から「どうしていつも温度を上げるんだよ! こっちはめちゃくちゃ暑いんだよ! 寒かったら上着くらい着ろよ!」と、怒鳴られてしまったといいます。

「私はもちろん上着も着ていますし、電気式のひざ掛けも使っています。それでも底冷えするような古いオフィスでは、床から冷たい空気が上がってきて寒いんです。足元を温めるために、厚手の靴下やタイツを履いたり、温かい飲み物を飲んだりもしています。でも、冷え性は一向に改善されません」

愛さんは、自分なりに冷え性対策もしていたそう。

「男性社員から温度のことで文句を言われ、怒鳴られたショックで会社を辞めたくなっています。このまま今の職場で働き続けたら、苛立ちと寒さで別の病気になってしまいそう。そもそも、こんなに寒いのは私だけなのでしょうか? 私の体がおかしいのでしょうか?」

いろいろな人が集まる職場や公的な場所では、男女の体感温度の違いで、温度設定に関するバトルが起こることはよくある話。 もともと、男性と女性では筋肉量が違い、筋肉の少ない女性は上手に熱を作り出せないことで、体感温度に違いがある場合が多いんです。 とはいえ、「暑い」「寒い」という双方の気持ちをわかり合うことは、簡単なことではないでしょう。

愛さんのように冷え性で悩んでいる女性は、とても多いです。しかし、体の冷えは「たかが冷え性」で片付けてよいことではなく、偏頭痛や肩こりの原因にもなり、生活に支障が出る場合もあります。

冷え性のパターンはいくつかあり、それぞれ症状ごとに原因も違います。では、どうして冷え性になってしまうのでしょうか? その原因を見ていきましょう。

・外的要因
季節や空調によって体が冷え、温度が低くなると、冷え性の原因となるでしょう。

・自律神経の乱れ
ストレス過多であったり、偏った食事や不規則な生活をしていたりすると、自律神経のバランスが崩れて冷え性になってしまうケースがあります。 同様に、外気温と室内の気温の温度差が大きいと(概ね7度以上)、体温を調節する自律神経の機能に乱れが生じて、冷え性につながる場合もあります。

・血のめぐりが滞っている
低血圧で血流の流れが悪い場合、血液循環が悪くなり、温かい血液が体に行き届かなくなってしまうため、冷え性になってしまいます。

・筋肉量が少ない
熱を作り出す役割の筋肉が少ないと、冷え性になりやすいです。 そのため、筋肉量が少ない女性は冷え性になりやすいといえるでしょう。

以上、大きく分けて4つの原因が考えられます。体の冷えを解消するためには、栄養バランスのいい食事をとることが大切。バランスのとれた食事をすることで、血液循環が良好になり、体を温めることができます。また、運動をして筋肉をつけることも、熱を生み出すには効果的。冷え性解消のために毎日ウォーキングをするなど、日常的に無理のない程度の運動を取り入れてみましょう。

3.冷え性には漢方薬がおすすめ! 体質改善を目指そう

「暖かい飲み物を飲んだり、厚着をしたりするけど、体が冷える……」 「昔からの冷え性の体質って、変えられないのかな?」

そんな方には漢方薬がおすすめです。 漢方医学は、体のバランスを整えて、自然治癒力を高めることで、全身の健康を回復に向かわせる学問です。食事や運動、休息など、さまざまな養生法がありますが、中でも漢方薬は医薬品として多くの症状に効果が認められているもの。医薬品ではあるものの、自然の素材が体に優しく働くため、一般的に副作用が少ないといわれています。

特に、漢方薬は今起こっている不調を抑えるだけでなく、根本的な体質の改善を目指すものですので、冷えや疲れなどの症状や、太りやすい体質に悩む方に最適。漢方医学を日々のヘルスケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?

バランスのいい食事や適度な運動を毎日続けるのは難しいという場合も、漢方薬なら毎日飲むだけなので、無理せず続けられるでしょう。

・冷え性で貧血気味、疲れやすい方:当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
体力が虚弱な方におすすめ。体内の水分代謝を整えて、体から余分な水分を取り除いてくれます。足腰が冷えやすい人にもおすすめです。

・冷えからくる肩こりに悩んでいる方:加味逍遙散(かみしょうようさん)
ストレスが背景にある冷えに対して用いられる漢方薬です。体が冷えて肩がこり、疲れやすい人におすすめ。体内に滞った気のめぐりや、血の流れをよくしてくれます。

漢方薬は、ご自分の状態や体質にうまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることも。でも、たくさんの種類の中から、自分に合った漢方薬を見つけるのは大変ですよね。

お手頃価格で不調を改善したい方には、AI(人工知能)と漢方のプロフェッショナルがあなたに効く漢方を見極めて、ご自宅まで届けてくれる「オンライン個別相談・AI漢方」がおすすめ。スマホでも気軽に頼めるサービスで、相談も無料で行えます。

あんしん漢方

4.しっかり温活! 冷え性を改善しよう

「冷えは万病のもと」と言われるように、体の冷えを解消することは、健康のためにもとても大切なこと。愛さんのように、暖房の中でも寒さを感じている人は、ただ我慢するのではなく、食生活の改善や運動をするなど、日常生活を見直してみましょう。

また、冷え性を体質から改善したいのであれば、専門家に相談して、漢方薬を生活に取り入れることもおすすめ。ご自分に合った体質改善方法を見つけて、自分の体とうまく付き合い、つらい冷え症を改善していきましょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加