歌手・久宝留理子が夫婦で新型コロナ感染 喉に痛みあり4日に陽性判明

歌手・久宝留理子が夫婦で新型コロナ感染 喉に痛みあり4日に陽性判明

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/05
No image

第45回紅白歌合戦で熱唱する久宝留理子(1994年12月31日撮影)

歌手久宝留理子(52)と夫でキーボーディストの都啓一(49)が4日、新型コロナウイルスに感染したと4日、それぞれ発表した。

この日、久宝のスタッフが「久宝留理子の新型コロナウイルス感染に関するご報告」と題し、久宝の公式ブログを更新。「当社所属アーティストである久宝留理子が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されましたことをご報告いたします」と報告した。現状容体は安定しているという。

久宝は、喉の痛みがあったため、3日に医師の指導によりPCR検査を受検。翌4日に、陽性であると判断されたという。陽性判定を受け、「保健所の指示に従い療養する予定です。関係者の皆さま、応援してくださっているファンの皆さまへご心配とご迷惑をお掛けしていることを、心よりおわび申しあげます」とした。

一方の都は公式サイトで「4日、当社所属アーティストである都啓一が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されましたことをご報告いたします」と報告。

数日前から軽い発熱があったため、3日に医師の指導によりPCR検査を受検したところ、4日に、陽性であると判断されたという。現状容体は安定しており、今後は、保健所の指示に従い療養する予定だという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加