FreeBuds Lipstick実機チェック - ガジェット感なく鞄にしまえるTWS

FreeBuds Lipstick実機チェック - ガジェット感なく鞄にしまえるTWS

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/11/25
No image

11月25日、ファーウェイから“口紅型”の完全ワイヤレスイヤホン(TWS)「HUAWEI FreeBuds Lipstick」が国内発表されました。

リップスティック型の完全ワイヤレスイヤホン、2万円強で国内発売

ヨーロッパで2021年10月に発表されていた製品ですが、早々に日本にも投入された形です。国内での発売は12月17日から順次、価格は21,780円。ヨーロッパでの価格が249ユーロ(約3万2,000円、1ユーロ=129.36円換算)であることを踏まえると、予想より低価格での投入となりました。

このFreeBuds Lipstick、本体はすでに販売されているTWS「FreeBuds 4」と同等のものですが、FreeBuds 4では楕円形の充電ケースが付属するところ、FreeBuds Lipstickでは鏡面仕上げの四角いステンレス製ケースとなっています。

艶のあるブラックとゴールドのケースに載った赤い本体は、確かにLipstick(口紅)のよう。口紅にもさまざまな形がありますが、ダークカラーの重厚感ある四角いケースはよく見られる形です。

持ってみると、見た目に反してずっしりした重さが印象的。ステンレスという素材の影響もあるのか、充電ケースはFreeBuds 4のもので約38g(イヤホン無しの場合)ですが、FreeBuds Lipstickでは約84.5g(イヤホン無しの場合)です。

一般的な口紅よりは大きめですが、スティック型かつガジェット感がないため、(FreeBuds 4の楕円形ケースより)バッグに入れやすい形ではあると感じました。バッグから取り出すときやしまうときも、このケースからイヤホンが出てきたら人目を惹きそうです。

耳に挿す本体は、片方4.1gと軽量。ケースの重さに反して、本体の軽さも印象的でした。艶のある鮮やかな赤は、耳につけていてもそれなりに目立ちます。

本体には14.3mmの大型ドライバーを内蔵。ごく短時間ですが視聴した限りは音質もよく、中低音も迫力ある印象でした。ただ開放型ならではの部分で、周囲の音もそれなりに入ってきます。デュアルマイクを備えたハイブリッドアクティブノイズキャンセリング機能があるため、テレワーク時など必要に応じてオンオフを調整したいところ。

本体を充電ケースにしまう際はマグネットで吸着し、落としにくくなっています。ちなみに充電ケースのフタもやや強めのマグネット接着で、安心感がありました。

村田奏子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加