14インチと16インチの新型MacBook Pro、ミニLEDパーツ不足で生産遅延

14インチと16インチの新型MacBook Pro、ミニLEDパーツ不足で生産遅延

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/06/10
No image

ミニLED部品の不足により、デザインが刷新された14インチと16インチの新型MacBook Proの生産に遅れが出ている、と台湾DigiTimesが伝えています。

不良品発生率の高さが遅延の原因に

DigiTimesによれば、Appleは当初2021年第2四半期(4月〜6月)に新型MacBook Proを生産開始する予定でしたが、ミニLEDディスプレイ部品の不足により、2021年第3四半期(7月〜9月)に生産開始時期がずれ込むとのことです。

ミニLEDディスプレイのパーツ不足は、予想よりも歩留まりが低かった(不良品の発生率が高かった)のが原因とされています。

WWDCではハードウェアは発表されず

Appleは年次の開発者会議「WWDC21」で新型MacBook Proを発表するのではないかと期待されていましたが、結果的に新型ハードウェア製品が披露されることはありませんでした

Appleに独自の情報筋を持つBloombergのマーク・ガーマン氏いわく、新型MacBook Proは早ければ今夏にも発売されるとのことです。

デザインが刷新された新型MacBook Proには、Appleが独自開発したモバイルチップが搭載されるとみられています。

新型MacBook ProからはTouch Barが取り払われ、M1チップ搭載12.9インチiPad Proと同じミニLEDディスプレイが採用される見通しです。

Source:DigiTimesviaMacRumors
(lexi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加