ヤクルトD1・山下、ホロ苦デビュー 五回途中9安打2失点で初黒星 チーム唯一のヒットがプロ初安打も...

ヤクルトD1・山下、ホロ苦デビュー 五回途中9安打2失点で初黒星 チーム唯一のヒットがプロ初安打も...

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

ヤクルトの先発の山下輝 =神宮球場(撮影・今野顕)

(セ・リーグ、ヤクルト0-3中日、25回戦、中日14勝10敗1分、22日、神宮)ヤクルトのドラフト1位・山下輝(ひかる)投手(23)=法大=が先発でプロ初登板。4回⅔を9安打2失点で初黒星を喫した。

「何とか粘って投げることができたとは思いますが、もう少しリズムよく投げて流れをつくりたかったです」

最速152キロ左腕は、五回2死一、三塁からA・マルティネスに中前適時打、高橋周に左中間適時二塁打と連続タイムリーを浴びて降板した。一方、打撃では三回にチーム唯一の安打となる二塁内野安打。プロ初打席で安打を記録した。

千葉・木更津総合高から進んだ法大で左肘を痛め、靱帯(じんたい)再建手術を受けた。昨秋には左前腕尺骨の疲労骨折が判明し、プロ入り後はリハビリからスタート。ようやく初登板にこぎつけた。高津監督は「技術を持っている」と評価。この日は初安打のボールを受け取った。次回登板ではプロ初勝利のウイニングボールを握りしめたい。(山口泰弘)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加