「コメントする考えない」京都市長、大阪市長の苦言に

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/06/10

日本維新の会代表の松井一郎大阪市長が、京都市の行財政改革案をめぐり門川大作市長に苦言を呈したことを受け、門川市長は10日、「京都市長としてコメントする考えはない」と述べた上で「(改革案を)市民に丁寧に説明し、覚悟を決めて行財政改革に邁進(まいしん)する」と強調した。松井氏は8日、維新創設者の橋下徹氏が大阪市長時代に自らの給与などを削減させた点を挙げ「最初にやらないといけないのは門川市長が自らの身分

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加