キスマイ横尾渉、“初体験調理”で魅せる 二階堂高嗣から愛溢れる言葉も「マイク持ったときより...」

キスマイ横尾渉、“初体験調理”で魅せる 二階堂高嗣から愛溢れる言葉も「マイク持ったときより...」

  • モデルプレス
  • 更新日:2023/01/25

【モデルプレス=2023/01/25】Kis-My-Ft2が出演する26日放送のフジテレビ系『キスマイ超BUSAIKU!?』(24時25分~)では、4週連続でお届けする特別編「キスブサハントクッキング」の第4週をお送りする。

No image

(写真 : 横尾渉(C)フジテレビ)

【関連記事】横尾渉、“国内で7人のみ取得”の超難関資格に合格

◆横尾渉、“初体験調理”で魅せる

同番組は、Kis-My-Ft2が“真のカッコイイ男”になるために、“脱ブサイク”を目指して様々な難題にチャレンジする番組。

今回の「キスブサハントクッキング」の第4週は、キスマイメンバーが2チームに分かれて、全国津々浦々を奔走し、“幻の食材”を自らの手でハント。地元民だからこそ知る最高の調理方法で料理した「究極のジモ飯」(地元飯)で対決を行う。ハント対決後半戦は、絶品料理とそのオリジナル調理法がめじろ押しとなる。ゲストは香里奈と前田敦子。今回の対決の審査は、ゲストの点数に加え、一般女性たちによる評価点、そしてロケ中の活躍ぶりを加味した「頑張りポイント」を含めた合計点で勝敗が決まる。

まずは、フリーアナウンサーの馬場ももこを含めた北山宏光、千賀健永、横尾渉、二階堂高嗣ら同じく5人編成のチーム茨城。前回の放送でゲットした幻の食材は、わずか0.3%しか市場に出回らない「天然うなぎ」。早速、地元の方と調理に取りかかると真っ先に調理を請け負ったのはキスマイ“料理番長”の横尾。横尾の料理経験の中でも、うなぎをさばくのは初体験となるも、地元の方からも称賛されるほどの包丁さばきで腕前を披露。「アイドルがさばいてるのを初めてみた!」と馬場アナの感動の声に加え、メンバーの二階堂からは「(横尾は)マイク持ったときより、包丁を持ったときの方が輝くんです」と愛のあるコメントが飛び交う。

そして、カメラが止まっているときにも料理に対する学びを忘れない横尾の真剣な姿勢が究極のジモ飯とマッチングしていく。「天然うなぎ」ならではの“白焼き”の試食タイムでは、思わず一同「オーマイガー!」とおいしさへの喜びの雄たけびが飛び出す。続けて、横尾が「天然うなぎ」をつかった“洋食アレンジレシピ”を即興で披露し、地元民をうならせる。スタジオでも横尾の料理解説はとどまることを知らない。「天然うなぎ」を使った最高の調理法とは?

◆宮田俊哉・藤ヶ谷太輔・玉森裕太、普段にはないボケとツッコミ見せる

続いては、フルーツポンチ(村上健志、亘健太郎)の2人を迎え、宮田俊哉、藤ヶ谷太輔、玉森裕太の5人で構成されるチーム神奈川。前回ハントしたのは、限られた海でしか捕れない光り輝く“黄金アジ”。40年、料理人をしていた経験豊富な地元の方がそのスペシャル調理法を伝授。シンプルな刺身を漁港で食べる至福のときにメンバーも喜びを隠せず、普段にはないボケとツッコミを見せる。そして、藤ヶ谷の口から「コレ、流行るぞ!」と力強い太鼓判が押された最高のジモ飯調理へと進んでいく。

スタジオには、メンバーから「ご飯を用意しよう」と試食前から食欲をそそられっぱなしのジモ飯が登場。両チームの“究極のジモ飯”においては、香里奈から「本当においしいから、これでご飯あったら50点とか出ちゃう!」と審査の最高得点設定(現状は30点満点)の見直しが求められる展開に。果たして、料理対決の軍配はどちらのチームに?

◆二階堂高嗣、収録振り返る

収録を終え、二階堂は「ロケもスタジオもものすごく楽しかったです。地元の方と触れ合えることに心が温まりましたし、いい企画だなと思います。また、地元の方々の調理法も勉強になりました。そして、ロケは大変なメンバーやゲストさんもいましたし、その場で起こる出来事も大切にしたいと思いました」と振り返った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加