女子サッカーブラジル主将・マルタが史上初の5大会連続ゴール 宮城で今大会初の有観客試合

女子サッカーブラジル主将・マルタが史上初の5大会連続ゴール 宮城で今大会初の有観客試合

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/24

◇東京五輪 女子サッカー1次リーグF組 ブラジル5ー0中国(2021年7月21日 キューアンドエースタジアムみやぎ)

No image

21日に有観客の一戦も観客はまばら(AP)

女子サッカーのブラジル―中国が21日、有観客のキューアンドエースタジアムみやぎ(宮城県利府町)で行われ、ブラジルが中国を5―0で撃破した。ブラジル主将のマルタは五輪史上初の5大会連続ゴールとなる2発。五輪通算得点は12で歴代2位となり「勝てて良かった。プレッシャーがあり、多くを求められたからこその結果」と勝利を喜んだ。第2試合ではオランダがザンビアに10―3と大会史上最多得点を更新する大勝を飾った。

東京五輪で初めての有観客での試合は、徹底した感染予防策が採られた。シャトルバスの定員を50人から上限30人に減らして運行。会場に入場時には手指消毒や検温だけでなく、手荷物検査、金属探知機を使用したボディーチェックが行われた。また、マスクの着用やせきエチケットなどを呼び掛ける看板が各所に立てられた。その成果か、大きなトラブルはなし。ゴールや白熱したプレー、選手がピッチから引き揚げる際には、会場から大きな拍手が送られた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加