“レインボーライド”に2000人が参加 グランドサイクル東京

“レインボーライド”に2000人が参加 グランドサイクル東京

  • CycleSports.jp
  • 更新日:2022/11/29

11月23日、勤労感謝の日。東京にあたらしいサイクリングイベントが誕生した。Grand Cycle Tokyo(グランドサイクル東京)と名付けられたこのイベントは、東京五輪のレガシーを後世に残すべく企画されたイベントだ。

No image

目玉は、レインボーブリッジの首都高速道路部分を封鎖してコースとした「レインボーライド」。生憎の雨ではあったが、2000人の参加者が非日常のコースを楽しんだ。

サイクルスポーツの読者諸氏においては、サイクリングイベントというとロードバイクなどスポーツタイプの自転車に乗った人が参加するイメージを持っていると思う。だが、レインボーライドは、より多くの人たちにサイクリングの魅力に触れてほしいという趣旨から、スポーツバイクはもちろん、ママチャリや、シェアサイクル、子乗せ自転車など多くの車種にその門戸が開かれた。

自転車文化の一般化という意味で、意義のあることだと思う。

No image

参加者はウェーブに区切られてスタートしていった。先導役を務めるのはシドニー、アテネ、北京五輪で自転車競技日本代表だった飯島誠さん。バルセロナ五輪日本代表藤野智一さんなど豪華

No image

出発式には片山右京大会実行委員長、小池百合子東京都知事、山﨑孝明江東区長、武井雅昭港区長が列席

No image

サイクルトレーラーを引いて参加する人も

No image

ハンドサイクルでの参加者も。多様な人が参加できた

No image

レインボーブリッジを渡る参加者たち。この特別なコースは東京でしか実現できない。ただし、途中で停車することは禁じられていた。

No image

イベント当日は、12月末頃と同じくらいの気温であったが、走り終えた参加者たちは、みな味わった爽快感を肯定的に語っていた。

東京マラソンのように、来年以降も継続的に開催される東京の名物スポーツイベントに育っていってほしい。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加