南京大虐殺犠牲者の遺族が記念館で追悼活動―中国

南京大虐殺犠牲者の遺族が記念館で追悼活動―中国

  • Record China
  • 更新日:2022/11/25
No image

南京大虐殺犠牲者の遺族が記念館で追悼活動―中国

南京の中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞記念館では25日午前、12月13日に第9回を迎える南京大虐殺犠牲者国家追悼日を控えて、犠牲者の遺族による追悼活動が行われました。

追悼活動では、記念館の職員と犠牲者遺族代表の余恵明氏が、花輪や故人を悼む内容の対句が書かれた「挽聯」を整理した後、参加者全員が菊の花を手にして犠牲者に向けて3度、深く頭を下げました。

同記念館には犠牲者の姓名を刻んだ壁が設置されており、現在は1万665人の姓名が刻まれています。追悼活動では、生存者の代表が大虐殺期間中の自分と家族の不幸な体験を紹介しました。

南京の中国侵略日本軍による被害者支援協会に登録されている南京大虐殺の生存者はわずか55人にまで減りました。平均年齢は92歳を超えています。(提供/CRI)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加