西九州新幹線の開業で交通の要衝・大村市のこれからのまちづくりは

西九州新幹線の開業で交通の要衝・大村市のこれからのまちづくりは

  • KTNテレビ長崎
  • 更新日:2022/09/23
No image

テレビ長崎

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

大村市は県内で唯一、新幹線のために新しい駅が作られました。

市によりますと、駅の4キロ圏内に空港、高速道路、新幹線が揃う自治体は全国で14カ所しかありません。

市は交通アクセスの良さをいかしたまちづくりを進めています。

「大村車両基地」と「新大村」2つの駅ができた大村市。

「空港」と「高速道路」に「新幹線」が加わった「交通の要衝」です。

どの交通機関でも移動できる交通アクセスの良さを売りに、市は定住人口を増やしたいと考えています。

大村市 園田 裕史 市長 「駅の竣工、新幹線の開業は大村市だけではなく、県北地域、空港から離島につなげることを含めて県全体の、経済のまちづくりの拠点になりうるものと確信している」

新大村駅は大村ICから約1キロ、長崎空港から約4キロに位置します。

新大村駅と長崎空港、それに大村インターを結ぶ乗り合いタクシーの運行も23日始まりました。

新大村駅の東側は、今はバスやタクシーが発着するロータリーだけですが、2024年度末の完成を目指して再開発が進められています。

市のまちづくり方針に沿って、住まいや商業、医療・福祉の施設を集めた「コンパクトなまち」を目指しています。

子育て世帯をターゲットにした分譲マンションや公園のほか、商業施設には新幹線や高速バスを待つ客向けにカフェや地元の飲食店などを誘致する予定です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加