国立劇場「11月歌舞伎」公演中止 出演者1人がコロナ感染

国立劇場「11月歌舞伎」公演中止 出演者1人がコロナ感染

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/23
No image

国立劇場

国立劇場は22日、上演中の「11月歌舞伎公演」第2部の出演者1人が新型コロナウイルスに感染したことが判明し、同日上演予定だった第2部を中止すると発表した。同劇場への取材によると、この日朝、自宅で体温を測ったところ、発熱の症状があり、医療機関を受診。PCR検査を受けたところ、陽性が確認された。

第2部(午後4時半開演)には、人間国宝の片岡仁左衛門をはじめ、片岡孝太郎らが出演しているが、出演者の名前など詳細は公表しないという。

23日以降については日本芸術文化振興会のホームページで発表する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加