【POG】兄姉にシュヴァルグランなどG1馬3頭のグランヴィノスは10・10初陣 友道調教師「今週の動きはよかった」

【POG】兄姉にシュヴァルグランなどG1馬3頭のグランヴィノスは10・10初陣 友道調教師「今週の動きはよかった」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/09/23
No image

数々の活躍馬を近親に持つグランヴィノス(牡2歳、栗東・友道康夫厩舎、父キタサンブラック)は10月10日の阪神・芝1800メートルでデビューする。川田将雅騎手が手綱を執る。

同馬は兄に2017年のジャパンCを勝ったシュヴァルグラン、姉に2013、2014年のヴィクトリアマイルを勝ったヴィルシーナ、2016年の秋華賞と2017年のドバイ・ターフを勝ったヴィブロスを持つ良血馬。22日のCWコースでは5ハロン70秒4ながら、ラスト1ハロンは11秒2と抜群の伸び脚で、併走馬を大きく突き放した。「今週の動きはよかった。跳びの大きな馬で、(雨で重くなった)馬場が合っていたわけじゃないんだけどね。しまいの伸びがよかった。十分に間に合うと思います」と友道調教師も初陣へ期待を高めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加