名将&クラックがズラリ...スペイン紙がコロナ感染の“銀河系11人”を選定

名将&クラックがズラリ...スペイン紙がコロナ感染の“銀河系11人”を選定

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/10/17
No image

スペイン『アス』が「新型コロナウイルスに感染した銀河系11人」と題し、過去に陽性反応が発表された選手の中からベストイレブンを選定している。

同紙は写真を順にスライドさせる形で紹介し、最初に登場したのは“銀河系11人”を率いるディエゴ・シメオネ監督(アトレティコ・マドリー)だった。

守護神はGKケイラー・ナバス(パリSG)。最終ラインにはDFホセ・ガヤ(バレンシア)、DFマタイス・デ・リフト(ユベントス)、DFマルキーニョス(パリSG)、DFホセ・ヒメネス(A・マドリー)が選ばれ、中盤から前はMFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、MFチアゴ・アルカンタラ(リバプール)、FWパウロ・ディバラ(ユベントス)、FWキリアン・ムバッペ(パリSG)、FWネイマール(パリSG)、FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)が選出された。

最多はパリSGの4名。同クラブでは、昨季UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝のバイエルン戦(●0-1)後、スペインのイビサ島で休暇を過ごした選手を中心に陽性者が続出していた。続いてユベントスが3名、アトレティコが2名となっている。

●ラ・リーガ2020-21特集

●フランス・リーグアン2020-21特集

●セリエA2020-21特集

●プレミアリーグ2020-21特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加