アーティストがファンから直接資金を得るプラットフォームPatreonが新たな調達で評価額を3倍の約4400億円に

アーティストがファンから直接資金を得るプラットフォームPatreonが新たな調達で評価額を3倍の約4400億円に

  • TechCrunch
  • 更新日:2021/04/08
No image

Patreon(パトロン)はTiger Globalを中心とした1億5500万ドル(約170億円)の資金調達により、評価額を3倍の40億ドル(約4400億円)に引き上げたと、米国時間4月6日のWall Street Journal(ウォール・ストリート・ジャーナル)が報じている。

Patreonはアーティストがファンから直接資金を得ることができるクリエイターエコノミープラットフォームで、新型コロナウイルス(COVID-19)の大流行の中、クリエイターがより多くの作品をオンラインで公開することを余儀なくされたことで、新たに注目を集めた。クリエイター決済の分野ではここ数カ月の間に多数の新規参入者が現れたが、8年の歴史を持つ同社はすでに広範なネットワークを構築している。Patreonは2020年のブログ記事で、2020年3月の最初の数週間で3万人以上のクリエイターがサービスに登録したと述べている。

Patreonはクリエイターが同社のどのサービスを利用するかに応じて、5~12%の手数料をクリエイターから取ることで収益を上げている。同社は2020年9月に9000万ドル(約99億円)のラウンドを完了し、企業価値が12億ドル(約1300億円)に達した。

今回のラウンドにはWoodline Partners、Wellington Management、Lone Pine Capital、New Enterprise Associatesなども参加している。

カテゴリー:ネットサービス

タグ:Patreon、資金調達

画像クレジット:10’000 Hours/ Getty Images (Image has been modified)

原文へ

(文:Lucas Matney、翻訳:塚本直樹 /Twitter

Lucas Matney,Naoki Tsukamoto

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加