80代男性の運転する車が“自転車に激突”...痛ましい事故の瞬間に目撃者「ノーブレーキで跳ね飛ばしていくとは」

80代男性の運転する車が“自転車に激突”...痛ましい事故の瞬間に目撃者「ノーブレーキで跳ね飛ばしていくとは」

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/11/25
No image

18日、大阪市の交差点で停車していた車のドライブレコーダーが、横断歩道で起きた痛ましい事故の瞬間を捉えていた。

【映像】車と自転車が激突する瞬間

数台の自転車が、車の目の前にある横断歩道を渡っている。もう1台の自転車が渡り始めた次の瞬間、左折してきた黒い車がスピードを緩めることなく激突。自転車に乗っていた女性は車道に倒れ込んでしまった。

「普通に信号を渡っている人をノーブレーキで、停まるそぶりなく跳ね飛ばしていくとはまさか思わない」(目撃者)

警察によると、女性は軽傷とみられている。

事故の原因について、道路交通法に詳しい高山俊吉弁護士は「白い車が左折した時にはまだ横断歩道上に人や自転車が現れていなくて、左折行動ができる状態だったと思う。しかし、(黒い車は)これについていけると思った。“左にハンドルを切って入っても大丈夫だ”という誤解を持った可能性がある」と推察した。

車を運転していたのは80代の男性。警察は男性から話を聞くなどして、詳しい原因を調べている。(『ABEMAヒルズ』より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加