【なでしこジャパン】長谷川や籾木と抜群の連係! SB清水梨紗が語る代表初ゴールと同期の絆

【なでしこジャパン】長谷川や籾木と抜群の連係! SB清水梨紗が語る代表初ゴールと同期の絆

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/04/11
No image

代表初ゴールを喜ぶ清水(右)と長谷川(左)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

[国際親善試合]日本女子代表7-0パナマ女子代表/4月11日(日)/国立競技場

なでしこジャパンがパナマ女子代表に大勝を収めた試合で、右SBの清水梨紗が代表初ゴールを記録。また、この試合同じく先発した長谷川唯、籾木結花もゴールを決め、メニーナ時代からの同期3選手がそろい踏みとなった。

試合後の取材に応じた清水はゴールシーンを「(菅澤)優衣香さんからパスをもらった時に、最初はそのまま打とうと思ったのですが、相手が食いついてきているのが見えて、それをかわした時のボールタッチが自分では上手くいったと思います」とゴール前でストライカーさながらの落ち着いたプレーからシュートを叩き込んだ。

3日前のパラグアイ女子代表戦と続けてFIFAランキングの格下相手の試合で、度々攻撃参加を見せていた清水が結果を残せたのはいくつかの要因がある。

一つは「今日は監督から、SBと(長谷川)唯とモミ(籾木結花)、ボランチも流動的に動いていいと話してもらっていた」という高倉麻子監督の指示だ。

「モミといろいろ話ながらプレーしていて、相手のウイングが自分についてきている感じがしていて、自分がサイドを取っているよりも、中に連れて行ったほうが、モミが空くんじゃないかと話し合っていた。前半はそういうシーンが多かったかなと思います」と分析。これまで以上に中央でのプレーから相手ゴールを脅かす回数が増えた。
そしてもうひとつは「モミとはずっと一緒にプレーしていて、自分のことを知ってくれていて、自分もモミのことを知っていて、モミがペナルティエリア角で左足で持つと、チームの良いリズムだったり、最後スルーパスを出せたり、シュートに持ち込めるので、そこはモミに任せて、自分はそれをオーバーラップして出してもらったり、囮で使ってもらうことも意識していました」という右サイドでの阿吽の呼吸だった。

メニーナ時代からほぼすべてのタイトルを総なめにしてきた清水は、日テレ・東京ヴェルディベレーザに昇格後も数々のタイトルを獲得。なでしこリーグ5連覇をはじめ、皇后杯を5回、リーグカップを3回獲得している。さらに昨季からはベレーザのキャプテンも務めるなど個人の能力ももちろん大きな要因だ。

しかし、現在はそれぞれ海外組となったメニーナ時代からの同期、長谷川、籾木との抜群の連係がそれを大きく助けたのも間違いないだろう。

24歳となり、チームの主軸となりつつある清水ら国内最強世代が再びなでしこの黄金期を築けるか。

【PHOTO】なでしこJが誇る美女サイドバック、清水梨紗のキュートな厳選ショットを一挙公開!

【日本女子代表PHOTO】圧倒的な存在感でなでしこを牽引!パナマ戦でゴールも決めた長谷川唯を特集!

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加