【W杯】「大会期間中に戻って来られるように...」 全体練習に合流していない酒井宏樹の状態は?

【W杯】「大会期間中に戻って来られるように...」 全体練習に合流していない酒井宏樹の状態は?

  • FOOTBALL ZONE
  • 更新日:2022/11/25
No image

日本代表DF酒井宏樹【写真:FOOTBALL ZONE編集部】

左太ももの違和感で病院での検査も実施

カタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のドイツ戦(2-1)に先発出場したDF酒井宏樹(浦和レッズ)だが、11月27日に行われるグループE第2戦コスタリカ戦の出場は回避となることが有力だ。試合を2日後に控えた11月25日の練習も全体練習に合流していない。

前日には左太ももの違和感のため病院で検査も受けた酒井は、11月25日の練習後にミックスゾーンでの取材に応じ、「やれることはやっていきたい。もちろん、こういう大きな大会なので、準備は最大限していきたい。試合に立てることが理想ですし、そこは最後まで望みを持っていきたい」と語った。

負傷が大きければ、代表チームを離れて治療することもあるが、すでにJリーグのシーズンが終了することもあり「チームを離れたところで、シーズンは終わっているので。でも、自分としては大会期間中に戻って来られるようにしたい」と、再びW杯のピッチに立つ意欲を見せた。

決勝トーナメント進出を決めれば、酒井やDF冨安健洋(アーセナル)にも、より長い回復時間を与えることができる。次のコスタリカ戦に勝利し、スペイン代表とドイツ代表の試合が引き分けやスペインの勝利に終われば、第3戦は順位を決める試合になり、コンディション調整も容易になる。チーム全体がよりいいコンディションで戦うためにも、コスタリカ戦は、勝ち点3を必ず獲得したいゲームだ。(FOOTBALL ZONE特派・河合 拓 / Taku Kawai)

FOOTBALL ZONE特派・河合 拓 / Taku Kawai

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加