巨人・戸郷が2軍戦で3回2失点 「いい感覚で投げられた」

巨人・戸郷が2軍戦で3回2失点 「いい感覚で投げられた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/05

◇イースタン・リーグ 巨人―DeNA(2021年5月4日 ジャイアンツ球場)

No image

イースタン・リーグDeNA戦に先発した巨人・戸郷

ファームで調整中の巨人・戸郷翔征投手(21)が先発し、3回5安打2失点だった。

4月24日の広島戦以来の実戦マウンド。2回に3安打を集められて2失点したものの、3回は伊藤裕、小深田を連続三振に仕留めるなど3者凡退。直球の最速も151キロをマークし「ボールは良かったですね。久々にこの感覚で投げられたので、いい感覚で投げられたのが一番かなと思います」とうなずいた。

同月25日に選手登録抹消されて以降は、ボールの回転や球威を見直してきたといい「気持ちの持ちようというのが一番難しかったので。早く試合で投げたいとか思いましたし、その中で急がず、いい調整ができたかなと思います」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加