福岡大大濠が九州大会切符 エース左腕・毛利、自己最速140キロマークで12K力投

福岡大大濠が九州大会切符 エース左腕・毛利、自己最速140キロマークで12K力投

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/17

◇第147回九州地区高校野球福岡大会 準決勝 福岡大大濠8―2北筑(2020年10月16日 福岡県久留米市野球場)

No image

<福岡大大濠・北筑>好投した福岡大大濠の毛利

福岡大大濠が2019年春以来の九州大会進出を決めた。

先発した左腕、毛利海大(2年)は7回2失点、12奪三振の力投だった。自己最速の140キロをマークした「直球の切れが良かった」と話した。八木啓伸監督は「3回ぐらいから力感が無くなって、ボールが低めにいっていた。非常に良かった」と評価した。

また、今大会は失策が多かったが、無失策で終えたことに「きょうはそこを一番褒めてやりたい」と目を細めた。

九州大会は10月31日から長崎県で行われる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加