『マガジン』編集部、コロナ禍で中止だった原稿持ち込み再開発表 漫画マスク配布へ

『マガジン』編集部、コロナ禍で中止だった原稿持ち込み再開発表 漫画マスク配布へ

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/11/20
No image

マスクを配布へ

講談社は20日、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため長期間中止していた、『マガジン』編集部への原稿持ち込みの再開を発表した。これを記念して、同編集部に原稿を持ち込みした人に向け、非売品のマスクがプレゼントされる。(※ファッションマスクで、100%感染を防げるものではない)

【写真】アニメイト店員が進撃の巨人化?マスクに満足気な表情

講談社は、日々業務に尽力している書店員に向け、『マガジン』(週刊、別冊)の6作品(『炎炎ノ消防隊』『シャングリラ・フロンティア』『進撃の巨人』『彼女、お借りします』『東京卍リベンジャーズ』『化物語』)を模した書店員専用オリジナルマスクを製作しており、17日よりアニメイト&TSUTAYAチェーンあわせて約150店舗で配付(非売品)。それを今回、編集部に原稿を持ち込みに来た人に向けて配布することにした。

『マガジン』編集部は「安心して持ち込みができるようにブースに消毒液やパーティションを設けるなど、感染予防に留意しています。持ち込みされる方も、マスクの着用をお願いいたします。また、引き続きWEB投稿もお待ちしております」と呼びかけた。

なお、マガジン公式サイト・ツイッターにて、非売品の同マスクが当たるキャンペーンを実施している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加