脱炭素社会へ 宗像市「ゼロカーボン」のまちづくりを推進

脱炭素社会へ 宗像市「ゼロカーボン」のまちづくりを推進

  • RKB毎日放送
  • 更新日:2022/08/06

宗像市は二酸化炭素の排出ゼロを目指す「ゼロカーボン」のまちづくりを推進するため西部ガスなどと連携協定を結びました。

締結式には宗像市と西部ガス、そして緑化事業などを手がける東邦レオの3者が出席し、「ゼロカーボンシティ」の実現に向け協定書にサインしました。

宗像市は、去年、2050年までに二酸化炭素の排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言しました。

一方、西部ガスと東邦レオは宗像市日の里地区で、老朽化した住宅団地の再生事業に取り組んでいて新たな価値を創出する「さとづくり」を推進しています。

今後は3者が連携し市民が主役となったゼロカーボンのまちづくりを進めていく予定で、具体的には電動モビリティの導入やコンポスト設置における食の循環、地域コミュニティの形成などが掲げられています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加