伊藤の恩師、東京国際大・大志田監督がエール「経験積んでさらに強くなって」

伊藤の恩師、東京国際大・大志田監督がエール「経験積んでさらに強くなって」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/05/05

◇東京五輪代表選考会兼陸上日本選手権1万メートル(2021年5月3日 静岡市・静岡スタジアム)

No image

男子10000メートル成績

男子は既に東京五輪参加標準記録を突破している伊藤達彦(23=ホンダ)が27分33秒38で優勝し、東京五輪代表を決めた。伊藤の東京国際大時代の恩師、大志田秀次監督(58)は五輪代表を決めた愛弟子を「走ることに関しては情熱を注いでいた選手です」と述懐した。

浜松商高時代はほぼ無名だった伊藤。大志田監督の目にとまったのは「レース後に倒れ込む姿」だった。大志田監督は「体力がなくて最後に倒れる選手、体力を使い切って倒れる選手がいるが、彼は後者。入賞がなくても頑張れる姿に将来性を感じた」と強さの源泉を見抜いていた。

大志田監督が伊藤の成長を実感したレースがある。伊藤が出場した19年ユニバーシアードナポリ大会では日本は団体で金メダルを獲得したが、伊藤は繰り上がりでの銅メダル。1位は東京五輪1万メートル代表の相沢晃(東洋大)、2位は中村大聖(駒大)とライバル選手に敗れた。

ユニバーシアードから帰国後の練習。大志田監督は気温も高く避けたかったというが、伊藤は「こんなのはナポリに比べたら暑くないです。東洋大や駒大はやっている。やりましょう」と練習を始めたという。「やはり4年のユニバで日本人に負けたということで足りない部分が多いと自覚した。それからでしょうね」と振り返る。

大学入学後は自己記録だとチームで5、6番手。伊藤より速い選手はいたが、練習だけは手を抜かなかった。4年生の夏合宿。3000メートル6本という練習を伊藤は8分45秒ペースで走っていたが、一番キツくなる最後の6本目を8分10秒で終えた。目標タイムを遙かに上回る記録で走り「みんな伊藤につくことができなくなっていた」と振り返る。社会人になった今でも東京国際大の練習に顔を出すというが「オーラが備わってきた。後輩たちも『達彦さん』と気軽に言えなくなったようです」と笑う。

東京五輪出場を決めたシーンはスタジアムで見守った。大志田監督は「記録うんぬんよりも、五輪で経験を積んでさらに強くなって欲しい。1万メートル以上の距離を走れる適性はあるので頑張ってもらいたい」とエールを送っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加