日本男子・高橋藍が活躍 中国に2連勝/バレー

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/02

バレーボール男子の国際親善試合「東京チャレンジ」最終日は2日、東京・江東区の有明アリーナで東京五輪のテスト大会として行われ、男子で世界ランク9位の日本は同27位の中国を3-1で下し、約1年半ぶりの国際試合を2連勝で終えた。

日本は、前日活躍した高橋藍(19)=日体大=らが先発。高橋藍は試合出だしから相手ブロックをうまく利用した強打で得点を稼ぎ、チームに流れをもたらした。第1セットを25-20で奪うと、第2セットからは途中出場した大塚達宣(20)=早大=も強打などで貢献。25-20で連取した。

高橋藍を外すなどした第3セットは相手に先行されて奪われたが、第4セットは再び先発した高橋藍が競り合いの中盤に強打、好打で得点を稼いでリード。高橋健太郎(26)=東レ=のブロック得点などもあって引き離した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加