ナダル惜敗「チャンス失った」

ナダル惜敗「チャンス失った」

  • tennis365
  • 更新日:2020/11/22
No image

決勝進出を逃したナダル : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニスの最終戦 Nitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は21日、シングルス準決勝が行われ、第2シードのR・ナダル(スペイン)は第4シードのD・メドベージェフ(ロシア)に6-3, 6-7 (4-7), 3-6の逆転で敗れ、2013年以来7年ぶり3度目の決勝進出とはならなかった。

>>ティームvsメドベージェフ 1ポイント速報<<

>>HEAD新作ラジカル”プロトタイプ”の試打会に潜入<<

ナダルはこの日、ファーストサービスが入ったときに73パーセントの確率でポイントを獲得。第2セットの第10ゲームではサービング・フォー・ザ・マッチを迎えるも取り切れず逆転を許し、2時間35分の激闘の末に力尽きた。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトでナダルのコメントを掲載しており「試合の序盤はメドベージェフの方がよかったと思う。僕はサービスで苦戦していたけど、ブレークしてそこからよくなっていった」と振り返った。

「第2セットの終盤ではいい動きができず、彼が強かった。とても大きなチャンスを失ってしまった」

ナダルは今シーズン、10月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で優勝。四大大会でR・フェデラー(スイス)に並ぶ20度目のタイトルを獲得した。

「たくさんの試合や大会で勝って来たし、今回の試合よりも難しいものだってあった。だからとても落ち込んでいるわけではないよ。目標は常に同じで、毎大会で成長し、勝つためにいいプレーをするよう努める」

「それが毎年のゴールだ。モチベーションは常に同じ。来年は大切な年になる。しっかりオフシーズンでトレーニングをして準備していきたい」

一方で勝利したメドベージェフは大会初制覇をかけた決勝で第3シードのD・ティーム(オーストリア)と対戦する。ティームは準決勝で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)をフルセットで下しての勝ち上がり。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ東京1970】
N・ジョコビッチ 2勝1敗
D・メドベージェフ 3勝0敗
A・ズベレフ(ドイツ)1勝2敗
D・シュワルツマン(アルゼンチン)0勝3敗

【グループロンドン2020】
R・ナダル 2勝1敗
D・ティーム 2勝1敗
S・チチパス(ギリシャ)1勝2敗
A・ルブレフ(ロシア)1勝2敗

[PR]「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」11/15(日)〜11/22(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

■詳細・配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加