スシロー運営の居酒屋『杉玉』もGo To Eat参加 コスパは居酒屋界ナンバーワンか

スシロー運営の居酒屋『杉玉』もGo To Eat参加 コスパは居酒屋界ナンバーワンか

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/10/16
No image

スシローグループの1つである、スシロークリエイティブダイニングが運営する海鮮居酒屋・杉玉は、一人客からファミリーまで使い勝手が良く、非常に人気が高い店だ。

店舗は関東・関西地方に数店あり、都内だと赤羽や神楽坂など、10店舗以上が存在する。そんな杉玉もGo To Eatキャンペーンに参加しており、食べログやぐるなび、ホットペッパーなどから予約が可能。

画像をもっと見る

■あまりのコスパに衝撃

No image

実際にGo To Eatを使うとわかるのだが、そのお得さには驚くばかりだ。使い方のお勧めとしては、ぜひ18時までに予約してから店へ行き『舟べろセット』をまず頼んでほしい。

No image

舟べろセットはドリンク3杯と刺身の船盛が999円で頼めるセットで、ソフトドリンクからハイボール、ビールもプレモルが3杯も飲めてしまう。

関連記事:くら寿司も19日からGo To Eat開始 ポイント稼ぎ対策をしているか聞いた結果

■刺盛りも大満足

No image

999円でドリンク3杯だけで十分お得なのに、たこわさや枝豆にまぐろ、サーモンにうにいくらが入った1人飲みではこれだけで十分な刺身の盛り合わせが付いてくるのだから、コスパは本家スシローにも劣らない。

No image

人によってはこのセットだけで満足しそうだが、ほぼ299円から399円の料理もぜひ食べておきたい。こちらの『レバ刺しみたいな生サーモン』は、サーモンの刺身をごま油と塩で和えただけかと思いきや、本当にレバ刺しのような味がするのである。

それは目をつぶって食べたらかなりの人がレバ刺しと間違えるほどで、物凄く再現度が高い。そんな不思議なメニューから、次に紹介する絶品の寿司までバリエーションがとても豊富なのだ。

■創作寿司も絶品

No image

こちらの『鮪ロッシーニ風』は、まぐろの寿司にあん肝とトリュフをのせて炙った挑戦的すぎる寿司。まぐろの旨味とあんきものコク、トリュフの香りが渾然一体となり超絶ウマい。

No image

炙りホタテトリュフのせも、トリュフの香りがホタテに加わるだけでこんなに美味しくなるのか…とビビるほど。これはスシローでは食べられない、大人向けでお酒にも合う寿司だ。

■定番の寿司も美味

No image

また、変わり種だけでなくオーソドックスな寿司も美味しいのが杉玉のいいところ。さんまの寿司3種も、スシローより肉厚で美味。

No image

とろたく巻きも締めに最高の1皿だ。

■2、3,000円で満腹

おそらく食べて飲んでも、1人2,000円、どんなに大食いでも3,000円あればお腹いっぱいになれるだろう。もともとコスパ最強なのにGo To Eatに加わることで、そこから実質1,000円引きになるため、いまはすさまじくお得になっていると言っていいはず。

コスパも味も最高の海鮮寿司居酒屋・杉玉。気になる人はぜひ行ってみよう。

・合わせて読みたい→Go To Eat利用可能 焼肉と寿司が同時に楽しめる夢の店『寿し和 和香苑』

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加