巨人・井上温大が6回3失点でプロ初勝利 借金2に減らしCS進出へ大きく前進

巨人・井上温大が6回3失点でプロ初勝利 借金2に減らしCS進出へ大きく前進

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/09/23
No image

プロ初勝利を手にした巨人・井上温大

● 中日 3 - 9 巨人 ○
<23回戦・バンテリンドーム>

巨人は投打が噛み合い、CS進出へ前進する大きな1勝。高卒3年目左腕の井上温大が6回3失点と好投し、プロ初勝利(1勝1敗)を手にした。

井上は持ち前のノビある直球をゾーンに投げ込み上々の立ち上がり。9-1の8点リードとなった6回二死から、ダヤン・ビシエドの13号ソロを含む4連打を浴びたが、なんとか6イニングを95球で投げきり、自身初のクオリティスタートでゲームメイクした。

若き左腕を援護したい打線は5回までに4点を挙げ、井上が勝利投手の権利を手にした6回表に集中打で一挙5得点。吉川尚輝、坂本勇人、丸佳浩、中田翔の上位4人で全9打点を挙げる強力援護を見せた。

6回7安打3失点で嬉しい初白星を手にした井上は「野手のみなさんがたくさん点を取ってくださったり、ファインプレーで助けてくれた」と先輩のサポートに感謝。「最後に点を取られてしまったので、もっとゼロを並べられる勝てる投手になっていきたい」と、今後のさらなる活躍を誓った。

これで巨人は堀田賢慎、戸田懐生、赤星優志、大勢、平内龍太、山﨑伊織、直江大輔に続いて、今季8人目のプロ初勝利。同一シーズンで8人目のプロ初勝利は、NPB史上初の快挙となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加