ドン・ファン殺害事件、須藤早貴容疑者の素性

ドン・ファン殺害事件、須藤早貴容疑者の素性

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2021/05/10
No image

“紀州のドン・ファン”こと野崎幸助さん殺害容疑で逮捕された、妻の須藤早貴容疑者(写真/共同通信)

「彼女は4、5年前、渋谷のデリバリーヘルスで働いていたんです」

【写真】須藤早貴容疑者がセクシー作品に出演していたシーン

と話すのは、風俗業界関係者。彼女とは今、連日メディアを騒がせている“紀州のドン・ファン”殺害容疑で逮捕された妻・須藤早貴容疑者(25)のことだ。

2018年5月、“紀州のドン・ファン”と呼ばれた資産家の野崎幸助さん(当時77)が和歌山県田辺市の自宅で突然死した。死因は急性覚醒剤中毒によるもので、彼の体内からは致死量を超える覚醒剤の成分が発見された。すると、疑いの目はわずか3か月前に結婚したばかりの55歳年下の妻・早貴容疑者へと向けられる。だが、決定的な証拠は何ひとつ出てこないまま、3年の歳月が流れていた。

そんな中、事態は急展開を見せる。4月28日、和歌山県警が東京都品川区のタワーマンションに住んでいた早貴容疑者を、殺人と覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで緊急逮捕したのだ。

「地道な捜査で、覚醒剤の売人を特定できたこと、そして野崎さんが容疑者と離婚しようとしていたことから彼女の動機も見つかったからではないでしょうか。

また、彼女がドバイへ高飛びする可能性もあったため、逮捕に踏み切ったんだと思います。ただ、状況的な証拠ばかりで、殺人の立証は難しいのではないかとも言われています」(メディア記者)

そんな早貴容疑者とは、どんな女性なのかーー。

須藤早貴容疑者の素性

彼女は北海道札幌市の出身。地元の中学校、高校と特別に目立つような存在ではなかったようだ。

高校卒業後、地元の美容専門学校に進むと、徐々に“派手な女性”へと変貌していったという。

「ホストに入れあげていましたよ。彼女は友人には“実家が医者で金持ち”と言っていましたが、父親は一般的な会社員。金持ちでもなんでもなかった」(大手新聞記者)

ホストクラブ通いするための資金を、彼女がどのようにして得ていたのかは定かではない。

専門学校を卒業すると、上京。東京に来ても、ホストクラブ通いは相変わらず続いたようだ。

“その金はデリヘルなどで賄っていたようだ”と話すのは、冒頭の風俗業界関係者。

「当時、彼女は渋谷の高級デリヘルで働いていました。たぶんスカウトで入ったんじゃないかな。女性のレベルが高いのが売りの店で、人気キャバ嬢や現役レースクイーンも在籍していました。でも、彼女はデリヘルでは大して働いなかったと聞いています」

それよりも、もっと歩合がいい仕事があったからだ。風俗業界関係者は続ける。

「アダルト作品に出演していました。デリヘルと並行してやっていたんでしょうね」

さらに歩合がよかったのが“交際クラブ”。いわゆるパパ活で、金持ちの男性と知り合ってお小遣いをもらうようになっていったという。

「彼女は野崎さんとそこで知り合ったと聞いています」(同・風俗業界関係者)

事件後は、再び東京に舞い戻った容疑者。

「最初は、東新宿のタワーマンションに住んでいたようですね」(同)

再びあの業界にカムバックしようと動いていたという。

「彼女はアダルト作品の制作会社をいくつか訪ねて出演させてほしいと言っていました」(AV業界関係者)

野崎さんから月100万円の小遣いをもらっていたという容疑者だが、

「事件後、彼女を野崎さんサイドが訴えて、役員報酬などを差し押さえていると聞きました。だから、お金にかなり困っていたのではないでしょうか。複数人の女性が登場する企画ものには出演している可能性はあると思います」(同)

和歌山県警は、現在も早貴容疑者の認否を明らかにしてない――。

週刊女性PRIME

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加