セブン-イレブンがデンマークでスマホアプリにより販売期限間近の商品を割引販売

セブン-イレブンがデンマークでスマホアプリにより販売期限間近の商品を割引販売

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2020/05/24

セブン-イレブン(7-Eleven)は、2020年5月、デンマークの全店舗を対象に、余剰食料販売アプリ「Too Good To Go」を活用し、販売期限間近の商品を詰め合わせた「Happy Bag(ハッピー・バッグ)」の販売を開始した。

余剰食料販売アプリを活用し、販売期限間近の商品を割安で販売

No image

「Too Good To Go」は、デンマークで2016年に開発された余剰食料販売アプリで、現在、デンマーク、英国、米国、ドイツなど、15カ国で展開され、ユーザー数は2220万人を超えている。

食品ロスの削減に取り組むセブン-イレブンは、「Too Good To Go」との提携により、デンマークの全店舗で、「Happy Bag」の販売を開始。

「Happy Bag」は、菓子パンの一種デニッシュペストリーの詰め合わせと、スナック菓子など、様々な食料品の詰め合わせの2種類が用意され、いずれも販売期限間近の「訳あり」商品がまとめて割安で提供される。

ユーザーは、「Too Good To Go」のスマホアプリから注文し、セブン-イレブンの店舗で受け取る流れだ。

試験販売では2万4000個を完売

セブン-イレブンでは、デンマーク全土での販売開始に先立ち、デンマーク国鉄(DSB)の駅構内の店舗の一部で、「Too Good To Go」を介した「Happy Bag」の試験販売を実施。

消費者から予想を超える反響を得、2万4000個が完売した。

セブン-イレブンの「Happy Bag」と同様、「Too Good To Go」を活用し、販売期限間近の食料品を詰め合わせて割安で販売する取り組みは、デンマークの高級食材店Irma(イヤマ)やディスカウントストアのNetto(ネットー)、Lidl(リドル)などでも広がっている。(文 松岡由希子)

Too Good To Go

Matsuoka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
事業者向け給付金が「課税」対象に激怒。本気で救う気があるのか
カイリー・ジェンナー、虚飾に満ちた事業の実態判明 ビリオネアから転落
そうだったのか! FX大相場の真実 第66回 「ミスター円」が円高是正終了を宣言した日
「為替」関連倒産(5月度速報値)
史上最大の巨額赤字だったソフトバンクが日本経済に与える悪影響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加