ロッテがサヨナラ負け マーティン復帰も打線は「スミ3」で決定打欠乏症 後半戦ズルズル1勝6敗

ロッテがサヨナラ負け マーティン復帰も打線は「スミ3」で決定打欠乏症 後半戦ズルズル1勝6敗

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/08/06

(パ・リーグ、西武4×―3ロッテ=延長十回、17回戦、ロッテ9勝8敗、5日、ベルーナD)ロッテが今季4度目のサヨナラ負け。逃げ切り失敗で3連敗となり、球宴後の後半戦は1勝6敗となった。

No image

ロッテの得点は1回の佐藤都(左)の3ランだけだった。右はマーティン(撮影・尾崎修二)

コロナ感染者が続出する中、マーテインが1軍に昇格し「2番・右翼」でスタメン出場。一回に幸先よく佐藤都の6号3ランで先制したが、それ以降は決定打を欠いた。二回1死二塁、四回1死一、二塁、五回1死二、三塁、六回2死一、二塁が点にならない。

マーティンは1安打1四球と2度出塁も、二回と四回のチャンスに凡退した。「スミ3」で11残塁の拙攻に、井口監督は「得点圏であと一本が出なかった。相手のペースになってしまった」と嘆いた。

先発の石川は7回2失点と好投したが、同点にされた形もチームの勢いのなさを象徴した。3―2の八回、ゲレーロが四球と二盗などで2死三塁のピンチを招く。ここで最悪の暴投とは…。無安打で試合が振り出しに戻った。延長十回、4番手の佐々木千が先頭・川越への2球目を右翼席に運ばれた。

これで47勝50敗1分けで借金は「3」。首位西武とのゲーム差は6・5に広がった。球宴前には大混戦だったパ・リーグだが、ロッテはこのまま脱落してしまうのか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加