オリックス大下が連敗脱出弾「うれしい」プロ2発目

オリックス大下が連敗脱出弾「うれしい」プロ2発目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

西武対オリックス 5回表オリックス無死、大下は左越え本塁打を放ち雄たけびを上げて生還(撮影・浅見桂子)

<西武1-4オリックス>◇17日◇メットライフドーム

オリックスがルーキー大下誠一郎外野手の一撃で連敗を4で脱出した。

ひと振りで流れを変えた。両チーム無得点の5回、先頭で打席へ。西武十亀のカーブを完璧に仕留めた。ライナーで左翼席に一直線。貴重な先制の2号ソロに大下は「1打席目でカーブを空振りしていた。速球にさされないように頭のどこかで『カーブ来るな』と思っていた。素直にうれしい」と喜んだ。昨秋ドラフトで育成契約し、9月に支配下選手登録。デビュー戦だった同15日楽天戦のプロ初打席以来の本塁打だ。

貧打だった打線は目覚め、5試合ぶりの2桁安打で快勝。3年ぶりにシーズンの西武戦勝ち越しを決めた。大下の発奮材料は母校白鴎大の3学年先輩の阪神大山だ。26本塁打でセ・リーグ本塁打王争いトップを快走する。最近、電話で話したという。「向こうはいまホームランキング。すごいなと」。レギュラーを奪うべく、負けじと戦う。

▽オリックス中嶋監督代行(大下のアーチに)「あの打席(16日西武戦9回2死一、三塁の代打での四球)を見て(先発で)行きました。1打席1打席、1球1球に集中力が見えました」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加