津田健次郎、“龍”続投のアニメ『極主夫道』では「原作の良さをそのまま伝えたい」

津田健次郎、“龍”続投のアニメ『極主夫道』では「原作の良さをそのまま伝えたい」

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2021/04/07

声優や俳優、ナレーターなど様々な分野で活躍する津田健次郎が、おおのこうすけ原作の大ヒット漫画をアニメ化する『極主夫道』で主人公・龍の声を演じる。

かつて裏社会で数々の伝説を残した元極道の龍が、専業主夫として過ごす日常を描く本作。原作コミックスのCM、原作コミックス発売記念の実写版PVにて監督、龍を演じたほか、実写版テレビドラマ『極主夫道』にもナレーションとして出演するなど、作品とは繋がりの深い津田がついにアニメシリーズで龍を演じる。

4月8日(木)よりNetflixにて全世界独占配信される本作の魅力や『極主夫道』への思い、アフレコ現場の裏話などを津田に聞いた。

No image

──『極主夫道』は、実写版PVやドラマでのナレーションなど、津田さんがこれまで幾度も関わってきた作品です。役が決まったときの率直なお気持ちをお聞かせください。

とにかく嬉しかったです。『極主夫道』に対する思い入れはかなり深いものがあるので、アニメ化されて、龍を続投させていただけるのはとても嬉しかったですし「やっときたか」「待ってました」という思いでした。

──初めて龍を演じたときと今回で、龍への向き合い方に変化はありましたか?

変化はまったくないです。一番はじめに龍を演じさせていただいて以降、ほぼ変わってない。最初からしっくりくるというか、ずっと違和感なく演じることができています。珍しいくらい変化がないですね。

──龍を演じる上で意識したのはどんなことでしょうか。

原作の面白さをなるべく損なわず、うまく視聴者のみなさんに伝わってほしいという思いがあります。今作はあえて “動かない”演出と謳っているアニメーションなので、原作の面白さが改変されずにそのまま現れていると思うんです。僕が感じる原作の良さをそのまま伝えたいという思いで演じました。

──津田さんは関西出身ですが、龍の関西弁は演じやすかったですか?

実は結構苦労したんです(笑)。僕も大阪弁はネイティブではあるんですが、細かいことを言うと、関西弁ではこういう言い回しはしないよね、というセリフもあって。でも極力セリフ自体は変えずに関西弁にしていくという点で「どういう風に言えばいいかな」と悩むこともありました。『極主夫道』の中のオリジナル関西弁という位置づけになるのかなと思っています。

──現場の雰囲気はいかがでしたか?

楽しい空気感が全開で出ていました。すごく楽しくて、アフレコは非常に和気あいあいと楽しいスタンスでみなさん向かわれていたし、僕も楽しんでいました。

──コロナ禍で、スタジオでの掛け合いもしにくい状況だと聞きます。『極主夫道』の現場はいかがだったんでしょうか。

『極主夫道』の現場はかなり恵まれてました。コロナ禍で基本3人、多くても4人くらいまでしか一度にスタジオに入れないことが多いので、掛け合う相手役がいないことも往々にしてあるんです。そんな中、『極主夫道』は同じフロアにスタジオがいくつかあって、僕はひとりで小さいブースにずっといて、広めのブースに3~4人が入って同時進行で収録する形式だったんです。スタジオが分かれていたおかげで、収録を同時にできたのは良かった。ノリが大事な作品ではあったので、そういうスタンスがとれたのは恵まれてましたね。本当にラッキーでした。

ただ、僕は広いブースにいなかったのでちょっと寂しい。みんなが楽しそうにしているのが漏れ聞こえてくるので「俺もそこに行きたいんですけど」と思いながらやっていましたね(笑)。

──津田さんから見て、龍の主夫ぶりはどう感じますか?

すごいと思いますね。『極主夫道』もそうですが、茶道とか剣道といった○○道とつくものは探求して極めていくものだと思うんです。龍は相当料理ができるんですけど、いまだに料理教室へ通ってるんですよね。できあがっているものをキープしていくんじゃなく、さらに極めようとしているというのは格好良いなと思いました。

──津田さんご自身は主夫に向いていると思いますか?

まったく向いてないと思います。家事が全然だめで(笑)。脳みそがたぶん合理的じゃないんですよね。料理を仕込んでいる間に掃除しつつ洗い物して洗濯物干して...っていう計算をやっていかないと時間切れになっていくと思うんですよ。そういう意味で家事は効率化・合理性が高い作業だと思うんですけど、そういう脳みそじゃないですね。

──今作の内容に関して、印象に残っていることはなにかありますか。

龍を何度か演じさせていただいてますが、これまではずっと一人の戦いを繰り広げていたんですよ。アニメになって、人とガッツリ絡めるというのがすごく嬉しくて、楽しくてしょうがない。ほぼすべてのエピソードで誰かと絡めているので、どのエピソードもすごく楽しかったですね。

──龍と津田さんの共通点はなにかありますか?

あまりないんですよね...。関西弁がしゃべれるとか、声が似てるとか(笑)。猪突猛進型なところはちょっと似てるかなと思います。あとは現場で後輩から喋りかけられることがあまりないんですよ。一見気難しく見えるっぽいんですが、その辺りも共通項になるかも(笑)。喋ったら全然明るく話すんですけどね。

No image

──作品を通して学んだことがあれば教えてください。

龍ってめちゃくちゃ優しいんですよ。周りの人にも、そうじゃない人たちにも、もともと敵対していた人たちにも優しい。舎弟の雅に対してはすぐ殴るっていうコミュニケーションの取り方はおかしいんですけど、あれは本当に雅のことを心配して殴ってたりするので(笑)。人に優しいというのは非常に良いものだなと、改めて思いました。

──最後に『極主夫道』にみる、夫婦円満の秘訣とはなんでしょう。

漫画を読んでいてすごく感じるのは、龍は先読みの思いやりがすごい。妻の美久がおそらく疲れているだろうという先読みで癒やしグッズを揃えたりする。それが余計なお世話になっているのもギャグとしては面白いんですけど(笑)、根底にある優しさ、配慮が美久は嬉しいんだろうなと思います。ちょっとした思いやりなんでしょうね。

『極主夫道』

Netflixオリジナルアニメシリーズ『極主夫道』4月8日(木)より全世界独占配信

(C)おおのこうすけ/新潮社

取材・文:山田健史

カメラマン:堤博之

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加