この冬“最強寒波” 各地で積雪 全域で氷点下の朝 広島

この冬“最強寒波” 各地で積雪 全域で氷点下の朝 広島

  • RCC NEWS
  • 更新日:2023/01/25

今季一番の強烈な寒気の流れ込みがピークを迎えた広島県内では、25日朝は各地でまとまった雪となり、広島市中心部でも雪が積もりました。

【写真を見る】この冬“最強寒波” 各地で積雪 全域で氷点下の朝 広島

山崎有貴 記者
「午前6時半の広島市中心部です。この時間帯も雪が降っています。雪は、だいたい5~6センチくらい積もっています」

25日朝にかけて断続的に雪雲が流れ込んだ広島市中区では、午前3時に6センチの積雪を観測。最低気温はマイナス4.2℃まで下がり、道路の上には広く積雪が見られました。

小林康秀 キャスター
「道の中央で動けなくなっている車があります。タクシーでしょうか。さきほどからエンジンをふかしているんですけども、前に進むことができません」

25日朝は、広島県内に19ある気温の観測点のすべてで氷点下となり、北部や内陸ではマイナス5℃を下回る厳しい寒さでした。

RCCウェザーセンター 末川徹 気象予報士
「午前8時半過ぎ、北広島町です。2時間ほど前まで雪はいったん小康状態でしたが、この時間になって、しんしんと降り始めました。道路が除雪された影響で、わきにはこんもりと雪が積もっています」

県内の雪の降り方のピークは過ぎましたが、山沿いでは時々、雪が降るところがある見込みです。

また、25日夜からあす26日朝は、県内は沿岸部も含めて再び氷点下の厳しい冷え込みとなります。引き続き、凍結には十分注意してください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加