『アオアシ』×『GIANT KILLING』作者、出版社の垣根を越えて対談 創作論を語り合う

『アオアシ』×『GIANT KILLING』作者、出版社の垣根を越えて対談 創作論を語り合う

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2020/11/24
No image

『アオアシ』×『GIANT KILLING』作者が対談

サッカー漫画『アオアシ』作者・小林有吾氏と『GIANT KILLING』ツジトモ氏のオンライン特別対談が、21日発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)52号に掲載された。

【画像】表紙は斉藤朱夏!脇もチラ見せ…大胆な二の腕を披露

『アオアシ』は、2015年より『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて連載中で、愛媛に暮らすサッカー少年・アシトが、その能力を見出されJユースチームで“サイドバック”のポジションで世界を目指す物語。

『GIANT KILLING』は、『モーニング』(講談社)にて連載中で、元サッカー選手の達海猛が、弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トウキョウ・ユナイテッド』の監督に就任し、リーグ優勝を目指すストーリー。現役時代の好物だった「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」の姿が描かれる。

ツジトモとの対談が「夢だった」と語る小林氏。『アオアシ』連載開始前の苦悩、そして、『GIANT KILLING』が導いてくれたと語るその真意とは? 出版社の垣根を越えた今回の対談では、創作論や互いの作品について語りあっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加