止まらない在沖米軍の感染拡大 1週間で10万人当たり6011人 全国最多沖縄の9倍

止まらない在沖米軍の感染拡大 1週間で10万人当たり6011人 全国最多沖縄の9倍

  • 沖縄タイムス+プラス
  • 更新日:2022/01/15
No image

(資料写真)大規模クラスターが確認された米軍キャンプ・ハンセンのメインゲート

在沖米軍基地で14日に確認された新型コロナウイルス新規感染者は480人。過去最多だった13日の560人に次ぐ多さで、感染拡大が止まらない。直近1週間(8~14日)の新規感染者は2843人に上り、本紙が試算したところ人口10万人当たり6011人に上った。

この数字は全国最多の沖縄 県の667人の9倍。県内市町村で最も多く、在沖米軍と人口規模が近い宮古島市(約5万5千人)の1100人と比較しても5・5倍となり、基地は突出している。

米軍は現在、在沖米軍の軍人や軍属、家族の人数を公表していない。このため、県発表で最新の2011年6月末時点の4万7300人を使って10万人当たりの数値を計算した。

厚生労働省検疫所によると、1週間(12月27日~1月2日)の新規感染者数が最も多い国は、(1)米国255万6690人(10万人当たり772人)(2)英国110万4316人(同1627人)(3)フランス109万3162人(同1681人)-の順。10万人当たりでは在沖米軍はフランスの3・6倍に上る。

県内では、昨年12月17日にキャンプ・ハンセンでの大規模クラスター(感染者集団)が判明。日本人基地従業員の感染が明らかになるとともに、県内の別の基地にも感染が徐々に広がった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加