黒人女性の遺族に和解金12億円、米警察が射殺

黒人女性の遺族に和解金12億円、米警察が射殺

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/09/20
No image

米ケンタッキー州ルイビルの市役所前で、黒人女性のブリアンナ・テイラーさんが死亡した事件をめぐり会見に臨む遺族ら(2020年8月13日撮影)。

【AFP=時事】米ケンタッキー州ルイビルで黒人女性のブリアンナ・テイラーさん(26)が警官に射殺された事件の訴訟で、遺族は15日、市が遺族に1200万ドル(約12億6000万円)を支払い、市警察が改革を約束することで和解したと発表した。

事件は今年3月13日に発生。自宅アパートで交際相手と就寝中だったテイラーさんは、捜査令状をもとに捜査を執行した私服警官3人に踏み込まれ、8回撃たれた。警官らは、義務付けられていたボディーカメラの起動を行っていなかった。

その際、交際相手の男性も銃で応戦し、巡査部長1人が負傷した。男性は後に、犯罪者が侵入してきたと思ったと供述している。

この事件をめぐっては世界中で怒りの声が上がり、著名人らも注目を寄せた。全米オープンテニス女子シングルスで優勝した大坂なおみ選手は、テイラーさんの名前が入ったマスクを会場で着用した。

この事件で逮捕された警官はこれまでに一人もおらず、ルイビルでは数週間にわたって激しい反人種差別デモが行われている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加