九大旧キャンパス、文化財登録へ 福岡市〔地域〕

九大旧キャンパス、文化財登録へ 福岡市〔地域〕

  • 時事通信社
  • 更新日:2022/11/25
No image

旧九州帝国大学工学部本館=15日、福岡市東区

九州大学旧箱崎キャンパス(福岡市)の工学部本館を含む4棟の建物が、国の登録有形文化財に登録される見通しになった。九大は建物を保存し、新たな学びの拠点づくりに生かすことを検討する。

対象は工学部本館と本部建築課棟、本部事務室棟、門衛所。全て九州帝国大学建築課長だった倉田謙氏によって1925~27年に設計された。鉄筋鉄骨コンクリートなど当時の最先端技術によって建築され、また、九大のシンボルとして知られていることが決め手になったという。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加