東芝、単機能電子レンジ初のフラッグシップモデル

東芝、単機能電子レンジ初のフラッグシップモデル

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/09/15
No image

東芝ライフスタイルは、単機能電子レンジ(以下、単機能レンジ)の新製品として、初めてのフラッグシップモデル「ER-VS23」を10月中旬に発売する。推定市場価格は税別40,000円前後。

日立のオーブンレンジ、ソフトウェアアップデートで大幅機能アップ

間口38.7cmと幅広かつフラットな庫内で、総庫内容量が23Lの単機能レンジ。近年人気が高まっている単機能レンジに対し、ユーザーが求める機能を同社が調査したところ、値ごろ感よりも高い出力や手入れの簡単さ、庫内の広さが重要との声が挙がったことから、これらの要素を強化したフラッグシップモデルを開発した。

高出力の1000Wインバーターを備え、用途に合わせ600W/500W、解凍に適した200Wに調整できる。庫内には食品の表面温度を高精度に検知する「8つ目赤外線センサー」を搭載。同社の高級オーブンレンジにも採用しているセンサーを用いており、解凍時のグラム設定が不要。-10℃から85℃まで仕上がり温度を選べる「お好み温度」機能も備える。

手入れに関して、庫内がフラットでふき取りやすいことに加え、汚れがつきにくく撥水と撥油性に優れたセラミックのコーティング「庫内よごれプロテクト」を施した。油の飛び跳ね汚れも一拭きで取り除けるという。左右背面ピッタリ設置が可能で、上方は10cm以上あける必要がある。

本体サイズは幅468×奥行386×高さ337mm、重さは約14kg。カラーはホワイトとブラックの2色展開。自動メニュー数は3個(あたため/牛乳/解凍)、総レシピ数は31個。

杉浦志保

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加