【MLB】大谷翔平は「スペシャル! ベリースペシャルだ!」 6回8K快投に指揮官が興奮連呼

【MLB】大谷翔平は「スペシャル! ベリースペシャルだ!」 6回8K快投に指揮官が興奮連呼

  • フルカウント
  • 更新日:2021/07/20
No image

会見に臨んだエンゼルスのジョー・マドン監督(画像はスクリーンショット)

6回8K3安打無失点→右翼守備、打撃では弾丸187キロ二塁打

■アスレチックス 4ー1 エンゼルス(日本時間20日・オークランド)

エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地でのアスレチックス戦で「2番・投手」で出場し、投球では6回8奪三振、3安打無失点の好投を見せた。援護なくメジャー自己最多5勝目はお預けになったものの、ジョー・マドン監督は試合後の会見で「スペシャル! ベリースペシャルだ!」と称えた。

後半戦初のマウンドで、抜群の投球を見せた。初回は3者凡退に抑え、2回は1死二塁から2者連続三振に。3回1死二、三塁ではアンドラスを空振り三振、大砲・オルソンを二ゴロに仕留め、2イニング連続で得点圏のピンチを防いだ。4、5回は3者凡退で、6回は2死から走者を出したものの得点を許さず。打者22人に対して96球を投じ、防御率は3.21に。最速は99.3マイル(約159.8キロ)だった。

走者を背負っても生還は許さない。要所で集中力を高めた投球に、指揮官も「またしても難局で力を発揮した。試合が進むにつれて、彼が感じた相手の(大谷の投球の組み立てに関する)予想を参考にして色々な攻め方を始めていた。球速も一気に上がり、スライダーもカットボールも良かった」と手放しで称賛。尻上がりに“魔球”の精度も上がってきた点に触れ「最後の最後で普段通りのスプリットを投げられていた。またしても素晴らしい活躍だった」と賛辞を惜しまなかった。

降板後は右翼の守備につき、8回の守備で交代した。バットでは初回無死二塁で中飛。3回2死一塁では打球速度115.9マイル(約187キロ)の中越え二塁打を放ったが、一塁走者・フレッチャーが本塁タッチアウトとなった。6回1死一塁は空振り三振、8回2死一塁は三飛に倒れて2戦連発とはいかなかったが、投攻守で躍動した後半戦初の“リアル二刀流”だった。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加