長崎大学学生の男 殺人容疑で送検 事件前日に自宅で不審火

長崎大学学生の男 殺人容疑で送検 事件前日に自宅で不審火

  • NBC長崎放送
  • 更新日:2021/09/15
No image

今月10日長崎大学の学生の男が佐賀県で高齢の女性を殺害したとされる事件で男はけさ殺人の容疑で送検されました。

送検されたのは長崎大学薬学部4年の山口鴻志容疑者25歳です。山口容疑者は今月10日、佐賀県鳥栖市の民家で大塚千種さん79歳の頭を鈍器で複数回殴り殺害した疑いがもたれています。

捜査関係者によりますと事件前日の9日夜、長崎市内の山口容疑者が住むアパートの部屋でボヤが発生。警察や消防が駆けつけたところ山口容疑者は不在で長崎県警は現場の状況から放火の疑いがあるとみて山口容疑者の行方を追っていました。

(長大生が住むアパートの付近住民)「警察が来て大変だった」「ベッドが少し燃えていたと聞いた」

山口容疑者は事件前日に長崎市から列車で福岡市に移動して一泊し、事件当日、タクシーなどを使って鳥栖市に向かったとみられていて調べに対し、「現場を初めて訪れた」と話しているということです。

NBC長崎放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加