「食べる事は悪いことじゃない!」キレイに痩せたいなら絶対知るべき【タンパク質の正しい取り方】

「食べる事は悪いことじゃない!」キレイに痩せたいなら絶対知るべき【タンパク質の正しい取り方】

  • ar
  • 更新日:2020/11/21

こんにちは。モデルエディターのchikaです。

No image

最近よくストイックですね!!!

と声をかけてもらうことが多くなりました。

No image

そりゃぁ、、、これを見たらストイックだと思いますよね?

でも特にめちゃくちゃ激しいダイエットをした訳ではありません。

どんな食生活をしてるの?と聞かれることも多く、今回は最も私が重要視している“タンパク質”をどれだけとっているかについて書いていきたいと思います。

食事で減量!トレーニングしない日の食事ルーティン

普段、私はパーソナルトレーニングに通っていますが、運動していなくても食事で痩せることは可能です。

むしろ、食事8割、運動2割と言われるくらい食事の内容が体型を左右します。

大切なのは、自分の体重=タンパク質gをとる事! 例えば体重が50kgならタンパク質は50g取りましょう。

9:00
朝起きたら、まずは白湯を飲みます。その後にグリーンスムージーを。
朝はグリーンスムージーやファインラボ社のファイナルグリーンを飲んで腸内環境を良くするようにしています。

No image

12:00
ひき肉を使ったガパオライスと目玉焼きでタンパク質を20g摂取。

No image

15:00
プロテインを飲んでタンパク質20gを摂取。

No image

19:00
オニオンサラダと鯖の水煮の生姜のせでタンパク質20gを摂取。

No image

これが、トレーニングしないときの私の一日の食事です。

タンパク質が足りないと髪の毛はパサパサ、肌もボロボロ、おまけにお腹は空いたままなんてことになってしまいます…。健康的に減量するために欠かせないのがタンパク質なのです!

ちなみに、糖質もある程度はとりますが夜はとらないようにしています。目安として拳ひとつ分くらいが1食分の炭水化物の量です。

運動と食事で減量!トレーニングする日の食事ルーティン

トレーニングをしながら減量する場合は糖質の摂取も重要になってきます。

私は減量中は糖質100g、タンパク質100g〜120g、残りは脂質をとりトータルで1600kcalを目指しています。ちなみに基礎代謝は1200kcalくらいです。

9:00
朝起きたらまず白湯。そのあとにグリーンスムージーかファイナルグリーンを飲む。ここまでは運動してないときと変わりませんが、その後に朝食をとります。
メニューはミニトマト、フルーツ、オリーブを入れたオムレツです。卵は2つ使いました。タンパク質は合計12g。

No image

12:00
玄米100gと鯖の水煮。
玄米で糖質を摂取し、鯖でタンパク質も30g摂取します。

No image

15:00
シナモン紅茶と高野豆腐のフレンチトースを間食しました。豆腐のデザートはタンパク質を摂取できるのでおすすめです!

No image

17:00
トレーニング後にタンパク質を25gをとります。

No image

19:00

夜ご飯は炭水化物の代わりにキノコ類や野菜をたくさん食べて満足感をアップさせています!
この日のメニューは、レタスとオクラのサラダ、エリンギ、鶏肉、さつまいも100gです。タンパク質はおよそ合計27g。

No image

見ての通り、トレーニングをしている方が食べることが出来るので、外食が大好きな私はしっかり運動をしつつ、週1回のチートデイ(なんでも食べていい日)を楽しみながら節制するようにしています。

しかも、やはりトレーニングをしている方が体のラインをキレイに引き締められるので私には“動いて食べる!”が合っているようです。

食べることを悪と捉えずに、自分の体を作っていく。もっと綺麗にしていく。そういう意味で「ダイエットする!」という言葉より「ボディメイクする!」という言葉が流行っていけばいいなと思います。

自分を作り上げるのは他人でもなく、奇跡でもなく自分だけだから。

自分を可愛がりながらボディメイクしましょう!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加