アラサーでも珍しくない! 性体験がない婚活女性がやりがちなNG行動

アラサーでも珍しくない! 性体験がない婚活女性がやりがちなNG行動

  • withonline
  • 更新日:2021/09/15

性体験なしでいきなり結婚という人が増えている!?

こんにちは、結婚相談所マリーミー代表で恋愛・婚活アドバイザーの植草美幸です。

カウンセリングやラジオ等で婚活相談を受けていると、恋愛経験がない人が男女ともに増えてきました。私の結婚相談所の体感では、全体の4割くらいが恋愛経験ないし性体験もほとんどなしとお見受けします。なかには再婚でも性体験なしという人がいたり、カウンセリングも自己申告なので正確な数字かどうかはわかりませんが……。

初回のカウンセリングで恋愛遍歴を詳しくお聞きすると「大学1年生のときに、1回食事デートをしました」と、これだけ。社会人になったら異性がいない職場で、気づいたら30代という人は決して珍しくないのです。

恋愛経験や異性との交流がなさすぎて関係の縮め方がわからないというのは、婚活のハードルになることも。男女では関係性の詰め方に違いがありますから、恋愛経験のない女性たちはそこに拒否反応を示すことが多い印象です。

そういう人はまじめな方が多いので礼儀正しくすることはできるのですが、そこから先に踏み込めずに平行線になりがち。また、「男性だから」と意識しすぎてコミュニケーションが成り立たなくなってしまうというケースもあります。

恋愛経験がない婚活女性がしがちなNG行動があるので、その解決方法と一緒にお伝えしますね。

恋愛経験のない婚活女性によくある4つのNG行動

1「何回目のデートでキス?」とマニュアルに縛られている

未経験でやり方がわからないことに不安があるので、どういうマニュアルでキスやセックスを進めるのか? ということを過剰に気にする人もいます。「何回会ったらキスしますか?」と聞くので、男性がリードするので心配しないでと言うと、「拒否しても大丈夫ですか?」「いきなり口にするんですか? ほっぺが先?」「キスのときはどこを触られますか?」と質問攻めになることも。マニュアルに縛られるのではなく、自分がいやなものは拒否していいですし、触れ合いたいと思ってから1つずつ進めていけば大丈夫。夫婦になってからでも遅くないので、一緒にお風呂やベッドに入るところからゆっくり進めていいんですよ、とお伝えしています。

2「男性はいやらしい」「見られることを恥ずかしい」と思いすぎている

男性の目つきを過剰に気にしていて、胸や脚などを見ただけで「いやらしいことばっかり考えている!」と怒り狂ってしまったり、また、極端に恥ずかしがり屋になる人もいます。「デート中にしゃがんで物を拾うしぐさを見られて恥ずかしかった」「靴を脱いで入る和食店で足の指を見られて恥ずかしかった」と言う人もいました。見せるつもりのなかったところを見られると、脱がされたような気持ちになってしまったのか、はたまた自信がないから敵意を向けてしまうのか。でも、これは発想の転換で「私が可愛いから見つめちゃったのね」「こんなに魅力的なんだから、見られて当然!」と自信を持つことです。

3「男性にコレ言っていいんですか?」と遠慮して何も決まらない

男性を相手にすると当たり障りのない会話でも、何がなんだかわからなくなってしまう人もいて、「男性に○○していいんですか?」「女性から○○していいんですか?」という質問もよく受けます。まず、相手を気遣う姿勢は素晴らしいのですが、男女以前に人としてのコミュニケーションを重視しましょう。大事なのは「自分がどうしたいか」「そのために、どうやって相手に伝えるか」です。例えば、デートの日程を決めたいなら「合わせます」よりも、希望日時をはっきり伝えたほうが決まりやすいですし、デートの行き先も「どこでもいいです」より、AかBがいいと言われた方が探す手間が省けますよね。

4「お願い」できず、勝手につらくなってしまう

荷物がいっぱいなのに「ちょっと持って」と言えない、男性が傘を持っているのに「入れて」と言えずコンビニで傘を買ってしまう、カフェに入ったらカウンターのお店で別々のレジに並んでしまう……すべて実話です。挙句、デートのあとに「○○してくれなくて悲しかった」とぼやく女性はとても多いですが、彼にその場で言えたら悲しくならずに済みますよね。男性も気が利かないですが、まずは自分の要求を伝える努力もしなくてはいけません。

実際の婚活現場にもこんな女性がいました。

CASE

女性33歳・契約社員 ♡ 男性43歳・会社員

契約社員で事務職をしているこちらの女性は、恋愛経験も性経験もなし。一般的な家庭で育ったようですが、今も親と同居し、それはまるで箱入り娘のようでした。結婚相談所にも親の勧めで入りましたが、半年経っても上手くいきません。

カウンセリングをしてみると、学生時代に痴漢に遭った経験から男性嫌いの側面があり、お見合いの時にも「胸や脚を見てきた、気持ち悪い!」と拒否反応が出てしまっていました。

そこで、私は「性的なものがすべて悪いものという思い込みができてない?」とお話しました。確かに痴漢のような悪い男性は一定数いますが、目の前の男性は真剣に結婚を考えて婚活していて、男性=性的な目的ばかりではないと。あなたも先入観なく向き合って、一緒にいると落ち着ける相手かどうか見ていきましょう。イケメンにキュンキュンするだけが恋じゃないし、いきなり嫌がるところを襲われるのは愛じゃないのよ。これらを何度も繰り返してお伝えしました。

少しずつ男性不信が和らいだ頃に出会ったのがこちらの男性。10歳年上で優しい性格の方で、初対面なのに「お兄さん」のような頼もしさや温かさを感じ、「これが夫婦愛になっていくのかもしれない」と初めて感じられたそう。今も継続してお付き合いされています。

「性体験がなくても結婚できますか?」はもちろんYES

恋愛経験のない女性からよく聞かれるのは、「性体験がなくても結婚できますか?」という相談。私は「もちろんです」と答えます。身持ちが堅いというのは、品行方正ということでとても立派です。「モテない、重い」というネガティブな印象を持たれるのが心配みたいですが、そんなことはありません。経験なしを嫌がるとしたらセフレぐらい。「あなたと出会うために今まで守ってきたのよ」と言われたら、多くの男性は喜びますよ。

逆に、やたら「私、モテるのよ」と言いたがる女性がいますが、はっきり言って逆効果。合コンなどで「持ち帰れそう」と思われたいなら別ですが、婚活では真摯に向き合ってこそ、良縁に恵まれます。目の前の方とのご縁に集中しましょうね。

*個人情報保護のため、一部アレンジしています。

「婚活戦略女子」バックナンバーはこちら!

withonline

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加