阪神守乱で九回3点差守れず まさかのサヨナラ負け 藤浪の今季初勝利も幻...

阪神守乱で九回3点差守れず まさかのサヨナラ負け 藤浪の今季初勝利も幻...

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/08/06
No image

9回、広島・秋山にサヨナラ適時打を許す阪神・岩崎=マツダスタジアム(撮影・安部光翁)

(セ・リーグ、広島6―5阪神、17回戦、広島12勝3敗2分け、6日、マツダ)阪神は九回の3点リードを守り切れず、まさかのサヨナラ負けを喫した。

四回までに5点を取り、九回表まで5―2とリードしていた。しかし、落とし穴だったのはその裏だった。守護神の岩崎が登板したが、3連打に小幡の送球エラーが絡んで1点を返され、さらに1死二、三塁では菊池涼の遊撃のゴロを中野が後逸し、2者が生還して同点。菊池涼は二塁まで進み、最後は秋山に右前に運ばれ、大どんでん返しを決められた。

この日は1軍登録された藤浪が4カ月ぶりに先発。6回1/3で5安打2失点7奪三振で勝ち投手の権利を手にしていたが、今季初勝利は幻となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加