モーションリブ、模型用小型モーターを用いた力触覚の伝送技術を開発

モーションリブ、模型用小型モーターを用いた力触覚の伝送技術を開発

  • Techable
  • 更新日:2020/10/16

モーションリブ株式会社(以下、モーションリブ)は、模型用小型モーターを用いた力触覚の伝送技術を開発。これにより、リアルハプティクス(力触覚技術)を適用した装置構築の低コスト化が実現する。

ロボットの可能性を広げる「リアルハプティクス」とは?

最近では技術革新が進み、ロボットは実にさまざまなことができるようになった。しかし、人間が当然のように行う動作が、ロボットにとっては難しい場合もある。その一例が、やわらかいケーキや割れやすいポテトチップスをつかむこと。繊細な感覚や絶妙な力加減が求められるため、ロボットが苦手とする動作だ。

こうした課題を解決すべく生み出されたのが、「リアルハプティクス」という技術。同技術によってアクチュエーターの力加減を自在に制御することが可能になり、ロボットの可能性が大きく広がる。

安価な模型用小型モーターが活用可能に

従来、リアルハプティクスを適用した装置を構築するためには、高価なサーボモーターが必要となっていた。そこでモーションリブは、今回の新技術を開発。安価な模型用小型モーターが活用可能になり、装置構築にかかるコストを抑えられる。

装置の低コスト化が実現することで、家電やホビーなどの民生分野における製品への応用も期待できるという。この新技術はまず、モーションリブがパートナー企業と行う共同研究開発において提供される見込み。今後の展開に注目したい。

PR TIMES

(文・早川あさひ)

早川あさひ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加