群れとはぐれたメスライオン、感動の再会へ(南アフリカ)

群れとはぐれたメスライオン、感動の再会へ(南アフリカ)

  • カラパイア
  • 更新日:2020/07/06

ライオンは常にプライドと呼ばれる群れを形成して暮らしている。百獣の王といえども、群れからはぐれ単独になってしまうと危険がいっぱいだ。
 南アフリカの鳥獣保護区、クルーガー国立公園では様々な野生動物たちが暮らしているが、1頭のメスライオンが群れからはぐれてしまった。
 敵に見つからないよう、木陰で身を隠しながら仲間たちが来るのを待ち続けていたメスライオン。3日後、ようやく仲間が探し当ててくれたようだ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加